ニュース&レポート

テレンス・マリック監督最新作、ベン・アフレック主演『トゥ・ザ・ワンダー』が8月公開決定!

トゥ・ザ・ワンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
昨年ヴェネチア映画祭コンペティションに出品され話題を呼んだ、テレンス・マリック監督・脚本、ベン・アフレック主演の映画「TO THE WONDER(原題)」の邦題が、『トゥ・ザ・ワンダー』に決定し、日本公開が8月に決まった。
テレンス・マリック監督最新作、ベン・アフレック主演『トゥ・ザ・ワンダー』が8月公開決定!

エンジニアのニール(ベン・アフレック)は、仏モン・サン・ミッシェルを旅行中にシングルマザーのマリーナ(オルガ・キュリレンコ)と恋に落ちる。しかし米・オクラホマで一緒に暮らし出すと二人の心は次第に離れ離れに…。そんな中、ニールは学生時代の友人ジェーン(レイチェル・マクアダムス)と再会し、彼女に安らぎを求めるようになる…。

『天国の日々』『シン・レッド・ライン』など約40年間で5本しか作品を発表していない寡作な映画作家テレンス・マリック。ブラッド・ピットとショーン・ペンが共演し、パルムドールを受賞した『ツリー・オブ・ライフ』からわずか1年で発表した最新作『トゥ・ザ・ワンダー』は、愛が移ろう様を壮大で美しい映像美とともに描き、愛がいかにして人生を変え、破壊し、再構築していくかを探求していく愛の物語。

主演は、監督を務めた『アルゴ』が本年度アカデミー賞作品賞の栄誉に輝き、今最も注目されているベン・アフレック。自身の監督作の撮影で忙しい中にもかかわらず、マリック監督作への出演を熱望し、今回の出演が実現した。共演には、『007 慰めの報酬』ボンドガール役で一躍脚光を浴び、間もなく公開の『オブリビオン』ではトム・クルーズと共演し、5月には来日することが発表された、今、最も輝く女優オルガ・キュリレンコ。さらには、『ミッドナイト・イン・パリ』のレイチェル・マクアダムス、『ノー・カントリー』『007 スカイフォール』での悪役も記憶に新しい、怪優ハビエル・バルデムなど豪華俳優陣が脇を固める。

『トゥ・ザ・ワンダー』
8月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
■監督・脚本:テレンス・マリック
■出演: ベン・アフレック、オルガ・キュリレンコ、レイチェル・マクアダムス、ハビエル・バルデム
■提供:東宝、ロングライド
■配給:ロングライド
(C)2012 REDBUD PICTURES, LLC
【原題:TO THE WONDER/2012/アメリカ/ 112分】
公式サイト:www.tothewonder.jp
2013年4月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『トゥ・ザ・ワンダー』
2013年8月9日(金)、TOHO シネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国公開
公式サイト:http://www.tothewonder.jp/