ニュース&レポート

『トワイライト』もついにクライマックス!2部構成のPart1は2012年2月25日公開!

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
原作本の売り上げが世界で1億冊、映画シリーズの世界累計興行収入が18億ドル(約1,450億円)を突破した人気シリーズ『トワイライト・サーガ』。本シリーズの第4弾にして最終章となる『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』が、2部構成で公開。 Part.1の日本公開が2012年2月25日(土)に決定した。
『トワイライト』もついにクライマックス!2部構成のPart1は2012年2月25日公開!
ついに結婚式を迎えた、人間の少女ベラ(クリステン・スチュワート)とヴァンパイアのエドワード(ロバート・パティンソン)。新婚旅行から帰れば、ベラは念願のヴァンパイアへと転生できる。一方、ベラとオオカミ族のジェイコブ(テイラー・ロートナー)の間には微妙な溝ができていた。そんな中、新婚旅行滞在中の南の島でベラは体の異変に気づく。ベラの体には新たな命が宿っていた。”不滅の子”と呼ばれる、決して作ってはいけない危険な子。ベラとエドワードの子は、世界中のヴァンパイア、オオカミ族、そして人類の運命を変えてしまうのか—。

“トワイライター”と呼ばれる熱狂的なファンを急増させている『トワイライト』シリーズ。前作『エクリプス/トワイライト・サーガ』ではシリーズ最高の興収を日本でたたき出したが、人間の少女ベラとヴァンパイアのエドワードが織り成す禁断の恋はついに『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』でクライマックスを迎える。本作では、ベラとエドワードの結婚、そして妊娠・出産までが描かれ、物語が最も大きく展開することになる。

最終章『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』は2部構成となり、Part1は2012年2月25日(土)日本公開。全米で2012年11月に公開されるPart2も、日本では角川映画配給で公開される(Part2公開日は未定)。
2011年7月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1』
2012年2月25日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.the-twilight-saga.jp/breakingdawn/