ニュース&レポート

宮沢りえ、『TOO YOUNG TO DIE』でクドカンと初タッグ!特報映像も公開

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
宮藤官九郎監督最新作、長瀬智也・神木隆之介が共演する映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(2016/2/6公開)。地獄に落ちた高校生・大助(神木)が恋するヒロイン・ひろ美の20年後の役として、宮沢りえの出演が決定。あわせて特報映像が公式サイトで公開された。
宮沢りえ、『TOO YOUNG TO DIE』でクドカンと初タッグ!特報映像も公開

宮藤官九郎監督最新作の舞台は、ズバリ【地獄】。不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助。目覚めるとそこは―まさかの【地獄】!!たいして悪いこともしてないのに、大好きなひろ美ちゃんとキスもしてないのに、このまま死ぬには若すぎる!ロックバンドを率いる赤鬼のキラーKと出会った大助は、彼から地獄のしくみを学び、ひろ美ちゃんとキスするために現世へのよみがえりを目指して大奮闘するのだが―。

地獄専属ロックバンド地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギターで、地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーKを演じるのは、7年ぶりの映画主演となる長瀬智也。17歳という若さで地獄に落ち、大好きなクラスメイトへ会いたい一心でキラーK と生き返りを目指す高校生・大助を演じるのは神木隆之介。さらに、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古舘寛治、皆川猿時、古田新太ら豪華キャストが出演する。

宮沢りえ、『TOO YOUNG TO DIE』でクドカンと初タッグ!特報映像も公開
さらに、地獄に落ちた高校生・大助(神木)が恋するヒロイン・ひろ美の20年後の役として、宮沢りえの出演が決定。2014年の邦画を代表する作品として大きな話題を呼んだ『紙の月』で各国内映画賞を多数受賞し、2016年秋公開の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では、余命宣告を受けた母親役に挑むことも話題となっている宮沢。宮藤監督が手掛けた脚本に強く惹かれて出演を決めた宮沢は、「宮藤さんはお仕事を一緒にしたいなぁと思う人の1人でしたので、オファーを受けて即答しました。 脚本を読んで、多少戸惑いはありましたが、振り切れた世界に、絶望と希望が塗れていて、参加できて、心から嬉しいです」と本作への熱い思いを語った。

一方、宮藤監督は、「ひろみ役は「たたずまいが印象的な大人の女性」が良いと思い、ダメもとで宮沢さんにお願いしましたところ、演って頂けるということで、とりあえずビックリしました。現場では、テストの時点でほぼ言う事がなく、スタッフの手前、なんか言った気もしますが、その度に芝居が変化し、その柔軟さに唸らされました」と喜びのコメントをし、宮沢を絶賛した。

また、追加キャストも続々と決定になり、地獄のガールズバンドのドラマー役にシシド・カフカ、ベーシスト役に清、大助の母親役に坂井真紀、役どころは明かされていないが荒川良々も参戦。

公式サイトで公開された特報映像では、神木隆之介の半目シーンや大好きなひろ美ちゃんにキスを迫る表情、「地獄へようこそ」と呼びかけるキラーK(長瀬)の姿をはじめ、長瀬が“顔で弾いた”と表現していた、キラーKによるギター演奏シーンなど、これまでの地獄のイメージを覆す、明るくて“ロックな”世界が収められている。

手塚ひろ美役:宮沢りえ コメント

宮藤さんはお仕事を一緒にしたいなぁと思う人の1人でしたので、オファーを受けて即答しました。 脚本を読んで、多少戸惑いはありましたが、振り切れた世界に、絶望と希望が塗れていて、参加できて、心から嬉しいです。。。 今回はヒロイン的なポジションですが、またのチャンスかあれば、振り切り枠に、呼んでいただきたいな。。。と思ってます。訳あって動物に扮した神木さんとの共演もかなり、忘れられないシーンになりました。お楽しみに。

監督・脚本: 宮藤官九郎 コメント

ひろみ役は「たたずまいが印象的な大人の女性」が良いと思い、ダメもとで宮沢さんにお願いしましたところ、演って頂けるということで、とりあえずビックリしました。現場では、テストの時点でほぼ言う事がなく、スタッフの手前、なんか言った気もしますが、その度に芝居が変化し、その柔軟さに唸らされました。短いシークエンスですが、しっかり締めて頂きました。「本当は地獄に出たかった」と言って頂きましたので、次はわちゃわちゃの方でお願いしたいです。

2015年9月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』
2016年6月25日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://TooYoungToDie.jp