ニュース&レポート

ジュディ・デンチ主演×スティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』予告編が解禁

ヴィクトリア女王 最期の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ジュディ・デンチ主演×スティーヴン・フリアーズ監督最新作、19世紀のイギリスを舞台に、ヴィクトリア女王とインド人青年の絆を描いた『ヴィクトリア女王 最期の秘密』(2019.1.25公開)のビジュアルと予告編が解禁された。
ジュディ・デンチ主演×スティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』予告編が解禁
1887年、ヴィクトリア女王即位50周年記念式典。記念金貨の贈呈役に選ばれた若者アブドゥルは、英領インドからイギリスへとやってくる。最愛の夫と従僕を亡くし、長年心を閉ざしてきたヴィクトリア。そんな彼女が心を許したのは、王室のしきたりを無視し、真っ直ぐに自分へ微笑みかけてくるアブドゥルだった。身分も年齢をも超えた強い絆で結ばれていく二人だったが、周囲はそんな“君主と従者”の関係に猛反対。英国王室を揺るがす大騒動へと発展していく――。

女王を演じるのは、名優ジュディ・デンチ。ヴィクトリア役は『Queen Victoria 至上の恋』に続き、20年ぶり2度目。63年にわたり君臨した女王の威厳や繊細さを、魅力的に熱演。さらに、アブドゥル役には『きっと、うまくいく』で印象深い演技をみせたインドの若手実力派アリ・ファザルが抜擢された。監督は、『クィーン』『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』のスティーヴン・フリアーズ。

今回解禁された、ヴィクトリア女王と従者アブドゥルが見つめ合い歩んでいるビジュアルは、優しい絆を感じさせ、そして二人の役者の息の合った掛け合いを期待させるものとなった。また、「心をひらいた。人生が愛おしくなった―」というコピーからは、気難しく頑なな女王が生きる歓びを見出していくことを予感させる。一方、ふたりの関係性を訝しがる王室職員の姿なども映し出され、一筋縄ではいかない物語を思わせる。

予告編では、スティーヴン・フリアーズ監督を筆頭に、脚本リー・ホール(『リトル・ダンサー』)、撮影ダニー・コーエン(『英国王のスピーチ』)と、英国最高峰のスタッフが集結して紡がれる、贅をつくした映像が垣間見える。アカデミー賞にもノミネートされた華やかな衣装、数百人ものエキストラが登場する壮観の王宮儀式…ヴィクトリアが生きた当時の生活が、息を呑むほどのスケールで映し出される。

2018年10月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ヴィクトリア女王 最期の秘密』
2019年1月25日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.victoria-abdul.jp