ニュース&レポート

真野恵里菜が映画『わが母の記』女中役で“方言女子”を好演!劇中写真が解禁

わが母の記

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
国民的作家・井上靖が45年前に綴った自叙伝的小説を元に、『クライマーズ・ハイ』の原田眞人監督が映画化した『わが母の記』。本作で主人公一家の女中を熱演した真野恵里菜の場面写真が解禁された。
真野恵里菜が映画『わが母の記』で“方言女子”を好演!劇中写真が解禁
4月28日(土)より公開される映画『わが母の記』は、作家・井上靖が3部作で綴った同名小説「わが母の記~花の下・月の光・雪の面~」をもとに、役所広司、樹木希林、宮崎あおいら豪華キャスト共演で、“人を愛し続けることの素晴らしさ”、“生きることの喜び”を描いた感動作。昨年8月に行われた第35回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞し、話題となっている。

本作で、樹木希林演じる母・八重の面倒をみる伊上家の女中・貞代を演じているのが、ハロー!プロジェクトに所属するアイドル、真野恵里菜。解禁された場面写真は、可愛らしい顔を泥だらけにして立ち尽くす姿や割烹着姿など、女中として主人公一家を支えている様子が伺える。

真野が演じる貞代は、食いしん坊で、伊豆弁の「〜だら」という言葉使いも印象的な役柄。最近は、TV番組やCMで方言を話す女子が注目されているが、本作で“方言女子”を演じた真野は、役所広司、樹木希林、宮崎あおいら強力な布陣の中で体を張った演技を披露しており、本格女優としての今後の活躍が大いに期待される。
2012年2月16日
『わが母の記』
2012年4月28日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.wagahaha.jp