ニュース&レポート

クズ《凶悪犯》を護送せよ。疑心暗鬼の48時間1,200km!『藁の楯 わらのたて』特報が解禁

藁の楯 わらのたて

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
木内一裕の同名原作を三池崇史監督がメガホンをとり映画化。大沢たかお・松嶋菜々子・藤原竜也の豪華キャストで描かれるアクション・サスペンス大作『藁の楯 わらのたて』(2013/4/26公開)の特報が解禁された。
クズ《凶悪犯》を護送せよ。疑心暗鬼の48時間1,200km!『藁の楯 わらのたて』特報が解禁

政財界を牛耳る大物の孫娘が惨殺され、犯人に10億円の懸賞金がかけられた。国民の殺意が集中するなか、身の危険を感じた犯人は福岡で出頭。映画『藁の楯 わらのたて』は、彼の身柄を警視庁まで護送する為に派遣された警察官5人の命がけの道のりと、“人間の屑”を護衛するその心の葛藤を描いたアクションサスペンス大作。

≪凶悪犯≫の護送という任務に徹する警視庁警備部SP銘苅一基を演じるのは、国民的人気と知名度、実力を兼ね備えた大沢たかお。プロとして一流の能力を誇るSP白岩篤子には、本作のために髪を切り、今までのイメージを覆す激しいアクションにも挑んでいる松嶋菜々子。そして、クズ=連続暴行殺人犯・清丸国秀に『デスノート』『カイジ』『インシテミル』と数々の大ヒット映画の主演を務める藤原竜也が挑む。さらに岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、山崎努と、味わい深い演技で知られる豪華個性派俳優が顔を揃えた。

特報では、ずらりと並べられた10億分の札束を前に、殺人犯・清丸に懸賞金をかける蜷川の映像で始まり、ネットの掲示板には「一緒に殺して山分けしましょう」と書き込まれるなど、国民の殺人への抵抗が薄れていく様子も。そんな状況下で、クズを護送することになったSPたちを襲うのは、一般市民のほかに、警護にあたる警察官や機動隊員など。福岡から警視庁までの1,200km、疑心暗鬼の48時間の様子が緊迫感あふれる映像で続き、最後には、清丸の額に銃口を向け叫ぶ銘苅の姿が映し出される。

本作は愛知、三重を中心にオールロケを敢行。さらに、国内では不可能な新幹線での撮影を、日本映画史上初となる台湾新幹線を使用して行うなど、すべてが破格のスケールで進行されている。今回の特報映像ではその一部が収められ、その映像からもスケールの壮大さが窺える。

予告編は、以下のページでご覧下さい。
■『藁の楯 わらのたて』作品情報
予告編ライブラリ
2012年11月15日
『藁の楯 わらのたて』
2013年4月26日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.waranotate.jp