ニュース&レポート

ラルク アン シエル、瑛太主演『ワイルド7』の主題歌として新曲を書き下ろし

ワイルド7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『海猿』シリーズの羽住英一郎監督、瑛太主演で贈るアクション映画『ワイルド7』の主題歌を、今年結成20周年を迎えるロックバンド L'Arc~en~Ciel が担当することが決定。映画のために書き下ろした新曲が起用されることになった。
ラルク アン シエル、瑛太主演『ワイルド7』の主題歌として新曲を書き下ろし

望月三起也原作の同名人気コミックを映画化した『ワイルド7』は、選りすぐりの犯罪者の中から徴集された7人が、超法規的存在として悪人を問答無用で裁いていくアクションエンターテイメント。

本作の主題歌にL’Arc~en~Cielを起用したことに関して、小岩井宏悦エグゼクティブプロデューサーは、「『ワイルド7』自体が、40年前の原作ということもあり、一番意識したのは映画の「ミッション・インポッシブル」が、あのテレビ版の5拍子のテーマを使いながらも、アレンジし直して完全に「今」の音にしたことでした。だから、主題歌を担当してくれるアーティストは、とにかく「今」の音を表現できること、でもガキっぽくないこと、そして大作にふさわしくメジャーであること、ワルい男たちにふさわしい色っぽさもあり……、そうすると「L’Arc~en~Ciel」しかいないじゃない、となりました」と明かした。

小岩井氏から「とにかく2011年にしかありえないサウンドで、新しいんだけど大人もカッコいいと思える色っぽい楽曲」というオーダーを受け、楽曲制作に取りかかったL’Arc~en~Cielのhyde(Vo)は、「作品のラッシュを観てから書いたので上手く映画を惹き立てるような曲が出来ました。僕自身がバイクに乗ってる感覚で作りました。このような機会がなければこんなカッコイイ曲にならなかったと思います」と、自信のをのぞかせている。

出来上がった楽曲について、監督の羽住英一郎は、「彼らのスタイリッシュな音楽を聴いた瞬間、この曲が映画『ワイルド7』の世界をよりスケールアップさせてくれて、多くの観客を痺れさせてくれる事を確信しました!」と、満足のコメントを寄せた。
2011年10月8日
『ワイルド7』
2011年12月21日(水)全国ロードショー
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/wild7/