ニュース&レポート

悪が悪を裁く!問答無用のダークヒーロー『ワイルド7』が瑛太主演で実写映画化

ワイルド7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「バイクに乗った七人のアウトロー警視」というキャッチコピーで、1969年~79年に「週刊少年キング」で連載され、爆発的な人気を博したコミック「ワイルド7」が、瑛太主演、羽住英一郎監督によって実写映画化されることが明らかになった。
悪が悪を裁く!問答無用のダークヒーロー『ワイルド7』が瑛太主演で実写映画化

選りすぐりの犯罪者の中から徴集された7人の警察官“ワイルド7”。一見どうしようもない悪党の集まりで社会のはみ出し者が、一度出動命令が下れば、それぞれの力を発揮し、見事なるチームプレイを披露。任務を完遂するために自己犠牲を払ったり、メンバーのピンチには、自分の危険を顧みず仲間を救うことを最優先する…。超法規的存在として悪人を問答無用で裁くという斬新な設定と、スピーディーで意外性に富んだストーリーが人気となり、テレビドラマ化、シリーズ化された望月三起也の超人気コミック「ワイルド7」。

今回の実写映画化では、≪最新のCGを駆使した、ハリウッド顔負けのバイクアクションエンターテイメント大作の誕生!≫と銘打っており、“ジェットコースターのようなダイナミックなバイクアクションを最新の映像技術で表現、日本版『007』『ミッション・インポッシブル』のようなスペクタクル作品”になるという。

『おっぱいバレー』『LIMIT OF LOVE 海猿』をヒットに導き、『ワイルド7』のメガホンをとることになった羽住英一郎監督は、「伝説の原作をリスペクトしながら、スケールの大きな新しい痛快アクション・エンターテイメント映画にしたいと思っているので、瑛太には観客の度肝を抜く強烈なニューヒーローを演じて貰いたいです!」とコメント。

プロデューサーの阿部秀司氏は、「ストーリーを現代に置き換えるところから始まり、監督を中心に一年近い期間を脚本作りに費やした。往年のファンにも、オリジナルワイルド7を知らない若い人たちにも満足してもらえる脚本が出来た」と、自信をみせ、瑛太の起用について「この映画の見せ場は日本映画には稀有の、派手なバイクアクションがある。そのためにはメンバー7人がバイクの乗り手であることは必然。主要メンバーの一人でもある「飛葉大陸」には自身も大型二輪免許保持者である瑛太を起用できたこともこの映画の魅力の一つ」。そして、「今までとはまったく違ったワイルドな「瑛太」をスクリーンに登場させたい」と意気込んでいる。

『ワイルド7』は、3月にクランクイン、5月にクランクアップを予定している。
2011年2月25日
『ワイルド7』
2011年12月21日(水)全国ロードショー
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/wild7/