ニュース&レポート

『X-MEN』最新作、冒頭1分間のバトルシーン解禁!劇場では3分映像を世界最速上映

X-MEN:フューチャー&パスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
シリーズ最新作『X-MEN:フューチャー&パスト』の公開を記念して、明日5月3日(土)から5月9日(金)までの1週間を“X-WEEK”とし、映画館チェーンのTOHOシネマズの幕間にて、約3分間の本編冒頭映像を世界最速で上映することが明らかになった。さらに、本編冒頭で描かれる1分間のバトルシーンも解禁された。
『X-MEN』最新作、冒頭1分のバトルシーン解禁!劇場では3分映像を世界最速上映

全世界で累計2,300億円以上の興行成績を上げている「X-MEN」シリーズ。第7弾となる今作では、〈未来〉と〈過去〉の2つの時代を舞台に、究極のオールスターチームが史上最強の敵との最終決戦に挑む。

5月30日(金)の公開を前に、明日5月3日(土)から5月9日(金)までの1週間を、ゴールデンウィークならぬ“X-WEEK”とし、幕間(お客様が劇場ご入場時から上映開始時間までの間)にて、本作の約3分間の本編冒頭映像を世界最速で上映(※『X-MEN:フューチャー&パスト』上映予定のTOHOシネマズ58劇場/一部劇場/作品を除く)。

今回解禁となった特別映像は、その本編冒頭1分間のバトルシーンで、荒廃した2023年を舞台に、X-MENたちがそれぞれの能力を駆使して、迫りくる史上“最恐”の破壊兵器「センチネル」に挑む様子が描かれた、手に汗握る映像となっている。

また、“X-WEEK”を皮切りに本作のイベントも目白押しで、5月27日(火)には、ウルヴァリンを演じるヒュー・ジャックマンが来日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催されるジャパン・プレミアに出席する予定。さらに、この舞台挨拶の模様をライブ中継する先行上映“舞台挨拶生中継付、限定先行上映”も決定している(詳細は、後日公式HPにて発表)。

2014年5月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『X-MEN:フューチャー&パスト』
2014年5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.foxmovies.jp/xmen/