ニュース&レポート

高良健吾主演×吉高由里子『横道世之介』が、第25回東京国際映画祭 特別招待作品として上映決定

横道世之介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「悪人」「パレード」の吉田修一原作、『南極料理人』『キツツキと雨』の沖田修一監督、主演を高良健吾、ヒロインを吉高由里子が務める青春感動作、『横道世之介』(よこみちよのすけ)が、第25回東京国際映画祭の特別招待作品として上映されることが決定した。
高良健吾主演×吉高由里子『横道世之介』が、第25回東京国際映画祭 特別招待作品として上映決定

横道世之介(よこみちよのすけ)は、長崎の港町生まれ。大学進学のために上京したばかりの18歳。嫌みのない図々しさが人を呼び、人の頼みは断れないお人好し。描かれるのはそんな世之介とガールフレンドの与謝野祥子をはじめ、まわりの人々の青春時代と彼らのその後。そしてその後、世之介に起こったある出来事から呼び覚まされた、その愛しい日々と優しい記憶の数々…。究極の青春感動作!

吉田修一著、2010年本屋大賞3位、第23回柴田錬三郎賞受賞の話題作「横道世之介」(毎日新聞社 刊)。1980年代を舞台に、上京したての大学一年生・横道世之介の日常と、彼を取り巻く人々を優しい目線から描いた本書を、沖田修一監督が映画化。主人公、横道世之介に高良健吾、ヒロイン与謝野祥子に、吉高由里子、世之介の大学の友達・倉持一平役に池松壮亮、世之介が憧れる年上女性・片瀬千春に伊藤歩、女性に興味を持てない世之介の同級生・加藤雄介に綾野剛と豪華キャストが参加することで期待値が高まっている。

本作が、2013年2月23日(土)からの全国公開に先立ち、10月20日(土)より開催される第25回東京国際映画祭の特別招待作品として上映が決定。この上映がワールドプレミアとなり、ファンにとっては世界最速で鑑賞できるチャンス!さらに、映画祭の開幕を華々しく彩る10月20日のオープニング グリーンカーペットにも、豪華ゲストが参加する予定だ。

『横道世之介』
2013年2月23日(土)新宿ピカデリー他全国公開
http://yonosuke-movie.com/
(C) 2013『横道世之介』製作委員会
2012年9月20日
『横道世之介』
2013年2月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー!
公式サイト:http://yonosuke-movie.com/