ニュース&レポート

YOSHIKI、スティーヴィー・ワンダーのパーティーで倒れるも、新曲は好調!

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
米国時間5月29日(日)夜、ロサンゼルスで行われていたスティーヴィー・ワンダーのプライベートパーティーの席で倒れてしまった、X JAPANのYOSHIKI。疲労による体調不良と思われるが、5月27日に配信スタートした新曲「Scarlet Love Song」は、YOSHIKIに代わり好調な様子を見せている。
画像:
YOSHIKIは、5月20日からシカゴでのイベントへの出演やラジオ収録、22日にはニューヨークに渡り、自らのラジオ番組の記念パーティーに出席。24日にはロサンゼルスに一旦戻ったものの、27日にはサンフランシスコでのイベント出演と、文字通り全米を飛び回っており、医師によると過労による貧血が原因ではないかと見られている。

尚、5月18日には右手腱鞘炎の悪化によりロサンゼルスの病院でブロック注射を打ったYOSHIKIは、その後行われたシカゴ、ニューヨーク、サンフランシスコのイベントで右手にギブスをしたまま、サイン会では左手でサインをする程であった。

この状況の中でも、5月27日(金)から日本国内で配信が開始されたYOSHIKI作詞作曲によるX JAPANの新曲「Scarlet Love Song」は、大手配信サイト「mu-mo」のデイリーチャート(着うたフル)で、4日連続1位の座をキープしている。

画像:
本楽曲は、3年4ヶ月ぶりになるX JAPANのニューシングルで、5月28日(土)から全国公開された映画『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』の主題歌となっている。

今週末の6月4日(土)・5日(日)には、全国主要映画館(8劇場)にて、映画上映前に「Scarlet Love Song」ライブ映像とYOSHIKIのコメント映像が流される事も決まっている。(YOSHIKIのスペシャルメッセージ上映館は公式サイトにて)
2011年6月1日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』
2011年5月28日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.buddha-movie.jp