ニュース&レポート

AKB48チーム4・木﨑ゆりあ、『柘榴坂の仇討』で本格時代劇に挑戦!居酒屋で働く町娘役

柘榴坂の仇討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
人気作家、浅田次郎の2004年発表の短編を、中井貴一・阿部寛共演で映画化した『柘榴坂の仇討』。本作に、AKB48チーム4の副キャプテン・木﨑ゆりあが出演し、本格時代劇に初挑戦していることがわかった。
AKB48チーム4・木﨑ゆりあ、『柘榴坂の仇討』で本格時代劇に挑戦!居酒屋で働く町娘ユキ役

映画『柘榴坂の仇討』は、浅田次郎が2004年に発表した短編集「五郎治殿御始末」に所収された一編を『沈まぬ太陽』『ホワイトアウト』を手がけた若松節朗監督がメガホンを取り映画化。桜田門外の変で主君・井伊直弼を失い、敵を探し続ける男と、大老暗殺後、身を隠し俥引きとして孤独に生きる男。桜田門外の変から仇討禁止令布告を経て13年後、ついに刀を交える二人の運命を描く。

主演の中井貴一に加え、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、藤竜也のほか、19年ぶりの映画出演となる中村吉右衛門など豪華キャストが共演。本作で木﨑ゆりあは居酒屋“ツル”で働く町娘ユキ役を演じ、今回本格時代劇に初挑戦。中井演じる金吾の身を案ずる妻セツ(広末)と共に働き、彼女を明るい笑顔で支える女の子の役どころとなっている。

【木﨑ゆりあ コメント】


念願の京都で、そして本格的な時代劇に初めて参加させていただき、共演者の皆様の演技を間近に観る事が出来てとても勉強になることが多かったです。
普段の言葉使いとは全然違うところは難しくて、たくさん怒られましたが、その分たくさん学ぶ事があり、お芝居ももっと上手になりたいなと思いました。和服、下駄もすぐに慣れて心地良くなっていたので撮影が終わってしまうのが寂しかったです。
2014年6月18日
『柘榴坂の仇討』
2014年9月20日(土)より全国ロードショー
公式サイト:http://zakurozaka.com/