ニュース&レポート

佐々木蔵之介・坂口健太郎・滝藤賢一、『残穢―住んではいけない部屋―』(竹内結子主演)に出演

残穢―住んではいけない部屋―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
中村義洋監督最新作、竹内結子主演の映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』。本作の追加キャストが発表され、佐々木蔵之介・坂口健太郎・滝藤賢一が出演していることがわかった。
佐々木蔵之介・坂口健太郎・滝藤賢一、『残穢―住んではいけない部屋―』(竹内結子主演)に出演
映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』は、第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説を、『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』の中村義洋監督が映画化した戦慄ミステリー。

小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」。好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。

彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか――。「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、やがて、さらなる事件に巻き込まれていく――。

主人公「私」に人気実力派女優の竹内結子。「私」とともに調査を重ねる久保さん役には神秘的な魅力を放つ女優、橋本愛。初共演の2人に加え、「私」の同業者の作家・平岡芳明役に佐々木蔵之介、心霊マニアの会社員・三澤徹夫役に坂口健太郎、「私」の夫でミステリー小説家・直人役を滝藤賢一が演じ、個性的な出演陣が集結した。

【役柄】


佐々木蔵之介/平岡芳明役(作家)
「私」の同業者。編集者との打合せ中に、「赤ん坊が床から湧いて出る」というエピソードに耳を留め、興味本位で調査に同行する。原作では「女性の絶叫を聞きたくてたまらないホラー小説家」平山夢明がモデルと思われる。オシャレで陽気なキャラクターがシリアスな物語の進行のアクセントとなっている。

坂口健太郎/三澤徹夫役(心霊マニア)
福岡県出身の会社員で、筋金入りの心霊マニア。追う謎のルーツが北九州にあるのではないかと知った「私」と久保さんが手がかりを求めて相談をする。原作では怪談・ホラー小説、アウトロー小説を中心に執筆している福澤徹三がモデルと思われる。

滝藤賢一/直人役(ミステリー小説家)
小説家「私」の夫であり、同業者でミステリーやホラーが専門の小説家だが「私」以上の心霊現象否定論者。原作では綾辻行人がモデルと思われる。「よかった、終の棲家が決まって。」と新築の新居への引っ越しを喜んでいたが・・・


【プロデューサーチーム キャスティングについて】


佐々木蔵之介
突き抜けて陽気で不気味な知識量をもつキャラクターで、ぐんぐんと2人を導き謎に迫っていきます。何でも面白がる平岡をワクワクと演じて下さいました。

坂口健太郎
中村監督の「予告犯」に続いての連投になります。彼の役は、まるで少年が昆虫採集をする様な、無邪気に怖い話を蒐集するかわいらしさがあり、そんな現実的でないキャラに血を通わせることができました。

滝藤賢一
普通の人の役を演じられても、ちょっと日常生活からズレているような雰囲気が出てしまいます。
彼のお陰で、映画の中に奇妙な風が吹きました。それがどんな風なのかは観てのお楽しみです。
2015年7月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『残穢(ざんえ)―住んではいけない部屋―』
2016年1月30日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://zang-e.jp