ニュース&レポート

哀川翔×品川ヒロシ監督『Zアイランド』に鶴見辰吾、鈴木砂羽、RED RICE(湘南乃風)が参戦!

Zアイランド(仮)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
哀川翔主演、品川ヒロシ監督による映画『Zアイランド(仮)』が、新潟・佐渡島でのオールロケを終え、このほどクランクアップ。鶴見辰吾、鈴木砂羽、RED RICE(湘南乃風)ら追加キャストも発表され、出演者の面々よりコメントが到着した。
哀川翔×品川ヒロシ監督『Zアイランド』に鶴見辰吾、鈴木砂羽、RED RICE(湘南乃風)が参戦!

哀川演じる宗形組組長・宗形は、竹下組との抗争で足に深い傷を負い、その後組は破門され解散に追い込まれた。それから10年、抗争で服役していた弟分の武史が出所。だが、宗形が面倒を見ていた武史の愛娘・日向が直前に家出をしてしまい、宗形は武史と彼の元妻・桜、子分の信也とともに家族の思い出の地である銭荷島(ぜにじま)へと向かう。一方、竹下組では組員によるクスリ持ち逃げ事件が発生し、その回収のため偶然にも銭荷島へ到着する。しかし島では咳と高熱にうなされる原因不明の疫病が蔓延。時間差で銭荷島に降り立った宗形らと竹下組は、想像をはるかに超えた事態に巻き込まれていく…。

哀川翔の芸能生活30周年、通算111本目のアニバーサリーとなる本作は、少女を追い島に降り立った男たちの因縁の対決と謎の疫病による命懸けの戦いを描いたパニックアクション。

元組長で、今では借金を抱えながら運送業を営む主人公・宗形を演じる哀川の元に集まった共演者も個性派ぞろい。武史役には、『キカイダーREBOOT』での怪演も記憶に新しいベテラン演技派の鶴見辰吾。人気グループ“湘南乃風”リーダー、RED RICEが子分の信也役で出演し新たな一面を披露。武史の元妻・桜役には鈴木砂羽。武史の愛娘・日向役に山本舞香、日向の家出に付き合うギャル・セイラ役で水野絵梨奈が出演する。

また、竹下組にはお笑い界から選りすぐりの精鋭が参戦。幹部の反町役に多彩な活躍を見せる木村祐一。その弟分の内田役に大悟(千鳥)、同じく弟分ジョー役に川島邦裕(野性爆弾)という見た目にも強烈なインパクトを放つ3人が揃った。そして竹下組若頭・木山役で、哀川翔とは10代の頃からの付き合いである中野英雄が出演する。

『Zアイランド(仮)』の劇場公開は2015年を予定。

哀川翔

宗形博也:宗形組組長。竹下組との抗争から組は解散に、10年前の事件で足に傷を抱え、今では借金を抱えながら運送業を営み、かつての栄光は見る影も無い。

撮影中コメント
30周年ってお祭りじゃない。スクラムを組む大義名分だから、そこを掲げて面白いことをやろうってところで成立している。やっぱり日本人って、任侠映画が好きだよね。切った張ったじゃないけれど、時代劇とはまた違う義理人情のようなものが好きでしょ。今回も組の抗争もあるけれど、そこがメインじゃないみたいなところがあって、男たちが生きている、その生きざまみたいなものが大事だと思っている。
品川(監督)はすごく優秀。演出が固まっているから分かりやすいし、迷いがないから俺たちに伝わりやすい。だから俺としては、映像的にすごく面白くてね。すごく面白い作品になると思う。皆、それぞれが持ち味を出してキャラクターの個性を十分に引き立たせている。
佐渡の人やフィルムコミッションの人たちも映画に対する思いがすごくあって、けっこう規制がないというかいろんなことをやらせてもらえる。環境はいいよね。
釣り? やっているけれど、あんまり潮が良くないね。


鶴見辰吾

武史:宗形組幹部、宗形の弟分。竹下組との抗争でムショへ10年。宗形に預けた愛娘・日向との再会を心まちにしていた。が…。

撮影中コメント
翔さんとはデビュー作から、何度か共演しているのですが、これだけしっかりと組んだのは初めてです。あらためて哀川翔さんという人間の魅力を知ることが出来て、この現場に入った大きな価値だと思います。砂羽ちゃんも事務所が一緒だったり、そういう縁があって、一緒に珍道中を演じるのは楽しかったです。良いチームワークの良い現場でした。この楽しさがお客さんに伝われば一番ですね。
武史という役柄には、翔さんの芝居をしっかり受け止めてこの映画に協力したいという気持ちで挑みました。自分の性格とは結構かけ離れていたので、スイッチを切り替えるという意味で面白かったのですが、家に帰った時に奥さんから言葉遣いが悪くなったと言われました・・・映画のせいです(笑)
品川監督の生きた言葉があったので自然に出来ていたということですね。
見どころはやはりアクション。アクションを通して、困難を乗り越えていく勇気をお客さんに感じて欲しいです。また、お笑いやミュージシャンなど普段俳優をメインに活動していない人が演技をしている新鮮さも、この映画の面白い所です。隠れゲストもいっぱい出ますから、そのあたりも楽しんでください。


鈴木砂羽

桜:武史の元・妻で日向の母。高級クラブを経営する。

撮影中コメント
監督が明るいと、現場も明るくなります。品川監督はすごく面白く、明るくアイデアが豊富なので、自然と現場に笑いがおきます。私の役「桜」は、脚本を読んだ感じでは結構さらりとした印象でしたが、多分現場でたくさんのオーダーが出てくると予想していましたので、、多分現場でたくさんのオーダーが出てくると予想していましたが、実際に「もっと口が立つようにしたい」などといったリクエストにひとつひとつ応えているところです。
アクションに関してはすごく頑張ったので、見どころのベスト20があるとしたら8位くらいに入れていただけるんじゃないかと思います(笑)。
哀川翔さんは子供の部分をたくさん持った愛らしい方で、ムードメーカーとして現場の雰囲気を作ってくださっていると感じています。また、哀川翔さんの30周年を賑やかにお祝いしたいという気持ちでいっぱいです。


RED RICCE(湘南乃風)信也

宗形組組員。宗形の子分で武史の弟分。組解散後も宗形と共に運送業者で働く、ダンプのドライバー。

撮影中コメント
出演者スタッフみんながほんと一丸となってほんとに気持ちを一つにして同じゴールをめがけて作った映画です。
信也という役は、すごくストレートで、おやじと兄貴が大好きで、身内の為なら死ねるってぐらいまっすぐなヤツ。ヤクザでいかついし、すごい強いけど、心はすごく優しいという感じを出せたらいいなと思って演じました。
哀川翔さんは、ちょっと怖い人なのかもと思って入ったら、テレビで見ていたまんまのイメージで、すげぇ優しくて、皆のことをちゃんと見てくれてて、本当に親父って感じでした。少年っぽいところもあって、すごくラフだけど、決めるときは決めるし、自然体な感じにすごく憧れました。
品川監督の台本は、テンポ感とか、言葉のイントネーションとかがすごく音楽っぽくて、リズム感を大切にした笑いが多い。頭ではわかってても、実際にやってみると難しい。でも、それがはまるとすごく面白くなるということを肌で感じました。
一番の見どころは哀川さん演じる宗形ですけど、その周りを囲むメンバーみんなのキャラクターも色濃くて、光ってて、すごく良いんです。


木村祐一

反町:西の竹下組幹部。宗形としのぎを削るかつてのライバル。組の薬をくすねて逃亡した組員を追跡し銭荷島へ。口癖は、、、「お前はもう死んでいる―。」

撮影中コメント
反町は、監督が「木村さんの顔を思い描きながら書きました」って言ってくれていたので、すごく大事にしてもらえているなと思っています。プレッシャーといえば風邪をひかずケガをせず現場に来るということのみ。
面白さが、ちょうどいいんですよ。漫才師やからストーリーにギャグをもっと入れられるはずだけれど、ちゃんと踏まえている。ちょっとしたアドバイスも的確。うまいなあって感じですね。
冒頭の雨の襲撃シーンでの翔さんはすごいですよ。無駄な動きがなく、やりやすいようにしてくれはりますよね。
完成がものすごく楽しみ。一刻も早く見たいですね。老若男女、外国人もいいんじゃないですか。ジャパニーズやくざの予備知識もあるし、鉄砲出てきて刀出てきてクスリも出てきて、ものすごく楽しめると思います。


大悟(千鳥)

内田:西の竹下組組員。反町の弟分で反町同様、凶暴な性格。

撮影中コメント
反町、内田、ジョーは敵対した悪いヤツやと思うんですけれど、なんか3人とも嫌いになれない。そのへんがありがたいですね。ただのイヤなヤツじゃない、意外と応援しちゃいたい3人なんです。
翔さんがいると、現場は楽しいです。翔さんクラスがいるとピリピリしそうなものですけれど、全然そんなことがなく、合間にすごくしゃべってくれます。一番変な人かもしれませんね。一番遊んでいるし。
あまり見たことのないタイプの映画になりそうですね。いろんなものが詰まっているし、見どころがいっぱい。そんな中に僕が入っているのがうれしいです。


川島邦裕(野性爆弾)

ジョー:西の竹下組組員。反町の弟分で元ボクサーのパンチドランカー。女をみると、いてもたってもいられなくなる。

撮影中コメント
品川監督は、本当にちゃんとした監督なんだと思いました。
普段は、5円玉にゴム付けて、耳に引っ掛けて踊ったりするような芸風なんですけど、全然そういう姿もなく、監督をやってはりました。
哀川翔さんは、本読みの時に初めてお会いしたのですが、何年も連れ添ったかのように気さくに喋ってくれて、とても大きい人だと感じました。
佐渡はとてもいい所です。土がいいですね。ずっとブーツだったのですが動きやすかったです。ギュッて音がいいです。


中野英雄

木山:西の竹下組若頭。反町とは兄弟関係にある。ドラッグ回収は反町に押し付けるつもりでいたが、組長からの命令で結局一緒に島に渡ることに。

撮影中コメント
品川監督はとってもスピーディーで、明確で、尚且つ優しくで、好きです。
現場の雰囲気も、とても明るくて最高です。
哀川さんは、撮影に来ているのか、釣りに来ているのかわからないですが、釣り餌を僕に任せるのはやめて欲しい!もうこりごりです(笑)
佐渡は初めてで、もう少し田舎町だと思っていましたが、意外と都会。でも、海も綺麗ですし、海産物も多いですし、最高です。
まだ完成前ですが、品川監督のことですから巧みな映像が皆さんの目の前に出てくるのではないかと思います。『ドロップ』『漫才ギャング』『サンブンノイチ』とは違った魅力があるとおっしゃってたので、楽しみにしていてください。私も楽しみです。
2014年7月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『Zアイランド』
2015年5月16日(土) 全国公開
公式サイト:http://www.z-island.jp