プレゼント情報

映画『四十九日のレシピ』オリジナル手ぬぐいを3名さまにプレゼント

四十九日のレシピ

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
映画『四十九日のレシピ』オリジナル手ぬぐいを3名さまにプレゼント

母が遺したレシピに導かれ、母の人生を旅する、
49日間の感動の物語。


誰の人生にも必ず訪れる、大切な人との永遠の別れ。けれども、熱田家の母・乙美(おとみ)は、あまりにも突然逝ってしまった。夫の良平は何ひとつ感謝を伝えられず、人生の壁にぶつかり悩める娘・百合子は、女として今こそ聞きたいことがあったのに、母はもう居ない――。そんな折、熱田家に派手な服装の少女イモと、日系ブラジル人の青年ハルが現われる。生前の乙美に頼まれ、残された家族の面倒を見に来たのだというイモは、乙美がとある「レシピ」を書き遺していることを伝える。それは、料理や掃除など日々の家事にまつわる知恵や、健康や美容に関するアドバイスが、楽しいイラスト付きで描かれた手作りの<暮らしのレシピカード>だった。レシピに従って、少しずつ暮らしを立て直し始める父と娘は、その中の1ページに“自分の四十九日には大宴会をして欲しい”という、生前の乙美の希望を見つける。こうして、母の遺したレシピにいざなわれ、娘と父、イモ、ハルの4人での“四十九日の大宴会”までの奇妙な共同生活が始まるが――。

娘の百合子には、『八日目の蝉』で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞、今や日本映画を代表する演技派女優となった永作博美。実母亡き後の義理の母である乙美の想いに触れて、人として女として本当の幸せとは何かに気付いていく百合子の変化は、観る者の胸を打つ。無骨で口下手だが気持ちは熱く真っ直ぐな父の良平に石橋蓮司。乙美の生前の願いを伝え、レシピの存在を教えるイマドキ女子のイモに二階堂ふみ、四十九日の大宴会の準備を手伝う日系ブラジル人の青年に岡田将生、今最も期待される二人の若手俳優が不思議なキャラクターを生き生きと演じ、スクリーンにユーモアを添える。そして優しすぎて人を傷つけてしまう百合子の夫に原田泰造。さらにベテラン女優の淡路恵子が、ひと癖ある役で魅せてくれる。

原作は伊吹有喜のロングセラー小説。監督は気鋭監督タナダユキ。死と真っ直ぐに向き合うことで、生きることの素晴らしさを際立たせる。主題歌は、CMで話題になった「のうぜんかつら」がヒットを記録したシンガーソングライターの安藤裕子。

何でもない毎日の何でもない雑事を、心をこめてこなす母のレシピは、“人生を愛するための処方箋(レシピ)”だった。母が家族に遺した深く大きな愛が、観る者をしっかりと抱きしめてくれる感動作が、ここに誕生した――!
永作博美主演『四十九日のレシピ
オリジナル手ぬぐいを3名さまにプレゼント
当選者数 3名
応募締め切り 2013年11月18日(月)23:59
プレゼントの応募には、メンバー登録が必要です。
まだお済みでない方は、こちらのページよりメンバー登録をお済ませください。
ご応募の前に利用規約及びプライバシーポリシーをお読みください
応募受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
『四十九日のレシピ』