プレゼント情報

妻夫木聡主演×石井裕也監督『ぼくたちの家族』試写会に15組30名さまをご招待!

ぼくたちの家族

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
妻夫木聡主演×石井裕也監督『ぼくたちの家族』試写会に15組30名さまをご招待!

妻夫木聡 原田美枝子 池松壮亮  長塚京三
石井裕也監督(『舟を編む』)最新作


若菜家は、息子2人、父と母の平凡な家族。だがある日、若菜家の母・玲子(原田美枝子)に「脳腫瘍」が見つかり、末期症状で、余命1週間の診断をされる。父(長塚京三)は取り乱し、長男の浩介(妻夫木聡)は言葉を失くし、次男の俊平(池松壮亮)は冷静を装う。やがて、“どこにでもいる家族”に潜んでいた秘密が表面化していく―。どうしたらいいか分からない、でも投げ出すことなんてできない。そして男たちは「悪あがき」を決意する―。

『舟を編む』『川の底からこんにちは』の石井裕也監督最新作『ぼくたちの家族』が、5月24日(土)より全国公開!

今や国内外から注目される存在となった石井裕也監督が満を持して選んだテーマ、それは自身が描き続けてきた<家族>。だが、観る者はオープニングからほんの数分で気付く──今まで観てきたどの<家族映画>とも、全く違うということに。原作は、注目の新進作家・早見和真が、自身の体験をもとに書き上げた同名小説。「僕自身の話だ」と驚いたという石井裕也監督が脚本を書き上げ、「本気で家族というものに向き合いたかった」と語る通り、全力で真剣勝負を挑んだ渾身の一作。

母の病気に奔走する長男・浩介に妻夫木聡。責任感が強く、空回りしながらも家族を背負っていこうとする可笑しみ溢れる役を熱演。そして家族なんて茶番だと決め付けている弟に池松壮亮が扮し、家族の中で異端児だった弟が母や兄、父のために生きていくことを決意する。小さな会社の社長だが、やがて多大な借金を抱えてしまった父に長塚京三。そして突然の脳腫瘍に襲われる母・玲子を原田美枝子が演じる。
妻夫木聡主演×石井裕也監督『ぼくたちの家族
試写会に15組30名さまをご招待!

日時:2014年4月28日(月)18:00開場/18:30開映
会場:一ツ橋ホール (千代田区一ツ橋2‐6‐2 日本教育会館3F)


当選者数 15組30名
応募締め切り 2014年4月17日(木)23:59
プレゼントの応募には、メンバー登録が必要です。
まだお済みでない方は、こちらのページよりメンバー登録をお済ませください。
ご応募の前に利用規約及びプライバシーポリシーをお読みください
応募受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
『ぼくたちの家族』
2014年5月24日(土)全国ロードショー!