プレゼント情報

マイケル・ムーア監督最新作『華氏119』試写会に20組40名さまをご招待

華氏119

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

第43回トロント国際映画祭キュメンタリー部門オープニング作品
米口コミサイトRotten Tomatoes100%フレッシュ獲得!

マイケル・ムーア砲、トランプ直撃。


ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円を叩き出した問題作にして大ヒット作『華氏911』を筆頭に、アメリカの銃社会に風穴を開けた『ボウリング・フォー・コロンバイン』(02)、医療問題に鋭いメスを入れた『シッコ』(07)と、これまでも巨大な権力に対抗し、アポなし取材、過激なパフォーマンスを以て病んだアメリカ社会に一石を投じ、議論と波紋を呼び続ける世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーアの最新作『華氏119』が、11月2日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国緊急公開。

ムーアが挑む今度の相手はなんと、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプ。タイトルの “119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした[2016年11月9日]を意味し、過去作『華氏911』に呼応したタイトルとなっている。

2016年7月、大統領選のさなか「大統領選にトランプが勝利する5つの理由」というエッセイを書き、その予測を見事に的中させたムーア。本作ではトランプ大統領糾弾に留まらず、政治経験のないリーダーが生み出していく悲劇、前大統領のオバマの真実や対立候補者であったヒラリーの失敗、更に現アメリカを動かしている少数派と無言の多数派の実態を鋭く暴き出していく。<なぜ、こうなった?>を誰よりも理解しているムーアが映すこの暗黒時代を抜け出す光とは?果たして11月の中間選挙に一撃を与える事はできるのか?命がけチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント、いよいよ日本上陸!

マイケル・ムーア監督最新作
華氏119』試写会に20組40名さまをご招待

日時:2018年10月22日(月)18:00開場/18:30開演
会場:日本消防会館(ニッショーホール) 東京都港区虎ノ門2-9-16


当選者数 20組40名
応募締め切り 2018年10月15日(月)23:59
プレゼントの応募には、メンバー登録が必要です。
まだお済みでない方は、こちらのページよりメンバー登録をお済ませください。
ご応募の前に利用規約及びプライバシーポリシーをお読みください
応募受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
『華氏119』
2018年11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー
公式サイト:https://gaga.ne.jp/kashi119/