プレゼント情報

響きあうアジア2019「東南アジア映画の巨匠たち」 7/6上映『アルファ、殺しの権利』鑑賞券を5組10名さまにプレゼント

響きあうアジア2019「東南アジア映画の巨匠たち」

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
響きあうアジア2019「東南アジア映画の巨匠たち」 7/6上映『アルファ、殺しの権利』鑑賞券を5組10名さまにプレゼント

ワールドクラスの巨匠監督が集結! 今観るべき東南アジアの特選映画
響きあうアジア2019「東南アジア映画の巨匠たち」が今夏開幕!
~7月3日より有楽町スバル座、東京芸術劇場にて開催~


国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、2019年7月3日(水)から10日(水)まで、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポットライトを当てる特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」を実施。日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典「響きあうアジア2019」の一環として行われる。


2014年以降、東京国際映画祭(TIFF)は国際交流基金アジアセンターと共に「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」をはじめ、さまざまな切り口で東南アジア映画を紹介し、映画を軸とした相互交流を深めてきた。今回は、その集大成として、東南アジアの地域を越えて世界に挑戦し映画ファンを魅了し続ける巨匠たちの原点から最新作、注目の若手監督の意欲作を一挙上映。上映にあわせて、豪華顔ぶれが来日し、シンポジウムや連日トークも行われる。

今回の全10プログラムのうち、ジャパンプレミアとなるのは、ガリン・ヌグロホ(インドネシア)の『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』。現代インドネシア映画のパイオニアであり、多数の映画賞に輝いている映画監督です。中部ジャワに根付く男性の女形舞踊芸能を題材とする本作は、ヴェネチア映画祭に出品される一方、インドネシア国内の一部地域では、性的マイノリティに関する表現をめぐり上映禁止となり波紋を呼びました。このほか、フィリピン映画に新風を巻き起こすブリランテ・メンドーサ、日本でも熱狂的な人気を集めるアピチャッポン・ウィーラセタクン(タイ)、斎藤工主演作『家族のレシピ』が話題を呼んだエリック・クー(シンガポール)、そして自国の真実を探求し続けるリティ・パン(カンボジア)による傑作を上映。カミラ・アンディニ(インドネシア)、ナワポン・タムロンラタナリット(タイ)、エドウィン(インドネシア)ら「次世代の巨匠」の意欲作もご覧いただけます。
https://jfac.jp/culture/events/e-asia2019-masters-of-southeast-asian-cinema/

響きあうアジア2019<東南アジアの巨匠たち>
ブリランテ・メンドーサ監督
『アルファ、殺しの権利』鑑賞券を5組10名さまにプレゼント

名称:響きあうアジア2019「東南アジア映画の巨匠たち」
上映作品:「アルファ、殺しの権利」
上映日時:2019年7月6日(土)18:50開映/上映20分前より開場
会場:有楽町スバル座(東京都千代田区有楽町1丁目10番1号 有楽町ビル2階)
ゲスト:上映後、作品ゲストによるQ&A予定
※日本語字幕上映 ※全席自動指定

『アルファ、殺しの権利』 Alpha, The Right to Kill
『アルファ、殺しの権利』『マニラ・デイドリーム』『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』のブリランテ・メンドーサ監督が『ローサは密告された』に続いて発表した、フィリピン麻薬戦争を一人の警察官の視座から生々しく切り取る問題作。警察署が麻薬組織にスパイを送り込み、善と悪、表と裏が入り乱れる戦いが展開していく。サンセバスチャン国際映画祭審査員特別賞受賞。
監督:ブリランテ・メンドーサ 出演者 アレン・ディゾン、エライジャ・フィラモー、バロン・ガイスラー
協力:フィルメックス 2018/フィリピン/94分
当選者数 5組10名
応募締め切り 2019年6月27日(木)23:59
プレゼントの応募には、メンバー登録が必要です。
まだお済みでない方は、こちらのページよりメンバー登録をお済ませください。
ご応募の前に利用規約及びプライバシーポリシーをお読みください