ニュース&レポート

合気道二段の秋元才加、ギャグがスベった小島よしおにお仕置きの喝キック 『第7鉱区』イベント

第7鉱区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
大海原を舞台に謎の深海生物との死闘を描いた、韓国発の3Dアクション超大作『第7鉱区』。本作の公開記念イベントが、7日(月)、スペースFS汐留にて行われ、秋元才加(AKB48)と小島よしおが登壇した。
合気道二段の秋元才加、ギャグがスベった小島よしおにお仕置きの喝キック 『第7鉱区』イベント

映画『第7鉱区』は、九州西の大海原に位置する日韓共同石油開発地域“第7鉱区”を舞台に、そこに突如現われた“謎の深海生物”と、逃げ場の無いボーリング隊員達の死闘を、息の詰まるスリリングな緊張感の中で描き出した本格3Dアクション超大作。

本作で主人公を務めるハ・ジウォンの格好に合わせ、タンクトップで登場した秋元は、「もともと筋肉質で、筋肉ではハ・ジウォンさんにも負けてないです!」と、その鍛えられた腕を惜しみなく披露。ハ・ジウォン演じる主人公ヘジュンについて、「強い信念を持って“第7鉱区”に立ち向かっていきます。強い女性というのは共感できるところもあり、憧れますね。彼女もそうですが、強い女性って支えてくれる男性がいるから、自分自身強くあり続けられると思うんです。強い女性が好きという男性もどんどん増えて欲しいです!」と語った。

この後、オイルを体中に塗った“モンスター芸人”小島よしおが登場。この日のために用意してきたモンスターギャグを披露したが、「バッコンベッコン…」と延々繰り返す不思議なギャグで、場内は微妙な雰囲気に…。映画がヒットするようにという“役落とし”として、合気道二段である秋元が小島にお仕置きの喝キックを入れることに。場内から蹴りを求める大きな拍手が起こる中、秋元の渾身の一蹴りが見事に小島のお尻に的中した。

最後に秋元は、「息を飲むようなシーンが沢山あります。強い女性にも共感してもらえると思うし、男性が観てもそれを守ってあげなきゃとか、色々考えさせられる映画だと思います」。小島は、「モンスターがなぜ生まれたのか?その背景にも注目して、モンスターの気持ちも考えながら観てもらうとより深く映画を楽しめると思います。モンスターのことを考えた時に、ちょっとだけでも僕のことを思い出してもらえたら(笑)」とアピールした。
2011年11月9日
『第7鉱区』
2011年11月12日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー
公式サイト:http://www.d7-movie.com