ニュース&レポート

乃木坂46 橋本奈々未、メンバーのスパイ活動を密告!?『エージェント:ライアン』イベントに登場

エージェント:ライアン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
世界的ベストセラー作家トム・クランシーによる"ジャック・ライアン"シリーズ最新作『エージェント:ライアン』の公開を前に行われた試写会に、ボストン・レッドソックスの上原浩治投手、乃木坂46の橋本奈々未、デーブ・スペクターがサプライズ登壇し、トークショーを行った。
乃木坂46 橋本奈々未、メンバーのスパイ活動を密告!?『エージェント:ライアン』イベントに登場

本作は、昨年急逝した作家トム・クランシーが創出した伝説のCIA捜査官"ジャック・ライアン"の新たなリブート作品。経済アナリストからCIAエージェントにリクルートされた主人公ジャック・ライアンの誕生秘話を含め、天才的な分析力で巨大な謎を解析し、ポスト9.11の"今そこにある"新たな危機の解析に挑む姿を描く。

4日(火)、東京・有楽町のよみうりホールで行われた試写会には、サプライズゲストとして、フリー"エージェント"権を行使して移籍、昨年メジャーリーグのレッドソックスで大活躍、ワールドシリーズの胴上げ投手となった上原浩治選手と、革ジャンにミニスカート&ロングブーツの女スパイを意識した衣装で、乃木坂46の橋本奈々未が登壇。

上原は、「映画のイベントは初めてなので緊張しているが、みなさんと一緒に楽しみたい」とコメント。映画の感想については「とにかく展開が早く、手に汗をかくと思うので、タオル持参でお願いします」。橋本は、「主役のクリス・パインがカッコいいのでファンになっちゃいました!」とコメント。CIAの情報分析官という主人公にちなんだ質問には、「僕はピッチャーなので、相手バッターの弱点や強みを頭に入れますね。ジャック・ライアンほどじゃないですが、少ない情報を頭に入れます」と上原。一方、橋本は、「メンバーの中田花奈が生粋のアイドル追っかけで、変装して他の女の子アイドルの握手会やライブに行くので、その情報をもらいます。彼女はスパイみたい」と、内部情報を暴露した。

ここで、会場にスパイが潜入しているという情報が入り、上原と橋本が会場を探し始めるも、なかなか見つけられず、潜入スパイが自ら名乗り出ることに。ステージに現れたのは、日本に数々の“セレブたれ込み情報”を流すデーブ・スぺクター。まずは絶妙なギャグを連発した後、「タクシー運転手とか放送作家からよく情報を聞きますね。あと芸能界でゴシップ好きな人と仲良くなることかな」と、自らの情報収集術を明かした。

さらにステージには、三井物産セキュアディレクションの“合法ハッカー”塩見氏も登場。デーブのスマートフォンを使いハッキング実演を披露し、ゲストと観客を驚かせた。

最後に上原からは「昨年よい成績を残せたので今年は間違いなく(自分が)研究されるとおもう。主人公のジャック・ライアンのようにもっともっとインテリジェンスを磨いて、その上をいけるようにがんばります」と"インテリジェンス投手宣言"が。そして檀上の上原から観客に映画特製のスパイグッズがもらえるサプライズがあり、客席にカラーボールが投げ込まれると、歓声が沸き会場は大いに盛り上がった。
2014年2月5日
『エージェント:ライアン』
2013年2月14日(金)先行、15日(土)全国公開
公式サイト:http://www.AgentRyan.jp