ニュース&レポート

島田秀平が選んだ「氣」のパワースポットで、美人書家・紫舟によるパワーフラッグが誕生

エアベンダー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『シックス・センス』のM.ナイト・シャマラン監督が、『アバター』のCG工房ILMと組み新境地に挑んだ3Dパワー・スペクタクル超大作『エアベンダー』の公開を前に、「氣」のパワースポット、浅草神社で祈祷イベントが開催された。
画像:島田秀平が選んだ「氣」のパワースポットで、美人書家・紫舟によるパワーフラッグが誕生

エアベンダー』(パラマウントジャパン配給/7月17日全国公開)は、4つの王国による戦乱の世を舞台に、世界に調和をもたらすために生まれてきた選ばれし者が、壮絶な宿命に立ち向かう姿を描いたパワー・スペクタクル超大作。

本作が“4つのエレメント”を軸に展開することにちなみ、7月17日の全国公開までに「氣」「水」「土」「火」のパワースポットで祈祷を実施するというこのイベント。第一弾では、先日、本作のパワー・アドバイザーに就任した手相芸人・島田秀平が選定した「氣」のパワースポット・浅草神社にて、NHKドラマ「龍馬伝」の題字などを手掛ける美人書家・紫舟が招かれ、書のライブ・パフォーマンスを披露した。

島田は、紫舟のパフォーマンスを見て「非常に綺麗な方で、書を書き始めると、ピリッと空気が引き締まる感じがしました。でも裏では、「私の手相はどうですか?」と普通に聞かれたりして、とても気さくな方です。紫舟さんは“あげまん線”がある方なので、これで『エアベンダー』もばっちり!」。映画については、「『アバター』のスタッフが作った映像が凄いです!特に4つのエレメントを駆使したアクションシーンが3D映像で映し出されるので、ある意味『アバター』以上の映像が見れます!!」と、大プッシュした。

また、「人生初」という囲み取材で、いかさか緊張気味と言ながらも、「この神社は徳川家光公が作った神社で、火事などの災害からも守られている。あのビートたけしさんなども参拝にいらっしゃるなど、大変パワーがある神社。」と説明。「日本は非常にパワースポットが多いエネルギー溢れる国。「気」はここ浅草神社、「水」は京都の貴船神社、ここは縁結びの神社でもあります。「土」は埼玉県の三峰神社、そして「火」は東京の高尾神社。」と、4つのパワースポットを紹介した。

この浅草神社にて披露された「氣」のパワーフラッグは、この後行われる「水」「土」「火」イベントでしたためられるフラッグとともに、7月6日に行われる本作の3Dパワープレミア会場に集結する。
2010年6月24日
『エアベンダー』
2010年7月17日(土) 丸の内ルーブル他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.airbender.jp/