ニュース&レポート

『エアベンダー』プレミアにサッカー・長友選手も登場!ナイスディフェンスで炎の国の襲撃を完封

エアベンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
7月17日(土)に公開が迫った映画『エアベンダー』のプロモーションのため、監督のM.ナイト・シャマランと、デヴ・パテル、ニコラ・ペルツ、ジャクソン・ラスボーンら出演者が来日。東京・ららぽーと豊洲にて3Dパワープレミアイベントが行われ、サッカー日本代表の長友佑都選手や書家の紫舟らも祝福に駆けつけた。
画像:『エアベンダー』3Dパワープレミア

エアベンダー』は、戦乱の世を舞台に、「気・水・土・火」の4つのエレメントを操る選ばれし者・アンが、世界に調和をもたらすべく壮絶な宿命に立ち向かう姿を描いたパワー・スペクタクル超大作。

画像:『エアベンダー』3Dパワープレミア画像:『エアベンダー』3Dパワープレミア画像:『エアベンダー』3Dパワープレミア画像:『エアベンダー』3Dパワープレミア
画像:『エアベンダー』3Dパワープレミア
書家の紫舟による書のパフォーマンスの後、来日ゲストが登場。今回が5度目の来日となるシャマラン監督は、「昨日、日本に着いたのですが、まるで家に戻ってきたような居心地の良さを感じています。きっと僕の前世は日本人だったと思う。」と笑顔で話した。

続いて、『スラムドッグ$ミリオネア』の主人公として一躍スターダムに躍り出たデヴ・パネル。本作で火の国の王子ズーコを演じたデヴは、「トーキョー、サイコー!」と、ややハイテンション気味に挨拶。そして、主人公アンと運命を共にするウォーターベンダーの少女カタラを演じたニコラ・ペルツは、アクションについて「ほとんど自分でやりました。ちゃんと武術を習ったんです。」と自信の表情を見せた。

また、『トワイライト』シリーズのジャスパーとして人気を博し、ひときわ黄色い声援が目立つジャクソン・ラスボーンが、「この映画を通して武術を覚え、新しい映画のファミリーに出会え、さらに東京が素晴らしい街だと知った。」とコメントすると、会場からは歓声と拍手が巻き起こった。

本作では、登場人物がそれぞれ「気・水・土・火」のエレメントを扱うために、マーシャルアーツが取り入れられているが、シャマラン監督自身も6年前から空手を習っているそうだ。これについて監督は、「僕の拳法は、スタジオとの交渉に使うんだ。「拳法をやってるよ」って言っておくと、パラマウント(配給)も言いなりになってくれるかも。」と含み笑いを見せ、会場を沸かせた。

ここで花束贈呈としてサッカー日本代表の長友佑都選手が登場。さらに、「火の国からの予告状」が読み上げられ、ステージの後方から炎が迫るという“火の国の襲撃”の演出に、会場は騒然。これに抵抗すべく、壇上のゲストらが和太鼓の乱れ打ちで応酬し、“水・土・気のエレメント”が噴出されるという、大掛かりな演出がなされた。無事、火の国の攻撃を防ぎ会場を守るのに一役かった長友選手は、「見事なチームワークで、ナイスディフェンスでしたね!」とコメントし、ゲストらの健闘を称えた。

最後にシャマラン監督は、「7歳のときに『スター・ウォーズ』を見て映画を作りたいと思った。宮崎駿監督の映画も好きで、スピリチュアルな部分や、ファンタジーと現実のバランスに感銘を受けました。この映画はそれらにインスパイアされて作っています。是非そんな要素を感じ取って楽しんで頂きたい」とアピールした。
2010年7月7日
『エアベンダー』
2010年7月17日(土) 丸の内ルーブル他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.airbender.jp/