ニュース&レポート

トム・クルーズ、日本列島1万2千人ものファンと交流!ハッピーバースデーの大声援に感涙!

オール・ユー・ニード・イズ・キル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のプロモーションのため来日したトム・クルーズが、26日(木)、大阪⇒福岡⇒東京を一日でまわる日本縦断ツアーを実施。ツアーのラストには、東京・六本木ヒルズで行われたジャパンプレミアに姿を現した。
トム・クルーズ、日本列島1万2千人ものファンと交流!ハッピーバースデーの大声援に感涙

25日(水)に関西空港へ降り立ったトム・クルーズは約500人のファンの歓迎を受け、50分間にも及ぶファンサービスを行った。そして26日(木)、たった1日で大阪、福岡、東京を巡る、前代未聞の来日キャンペーンを決行。

第一の都市大阪では、浪速の名所“道頓堀”にて、ハリウッド俳優初の大阪・道頓堀クルーズを行い、約3000人のファンに迎えられた。また第二の都市福岡では、「博多祇園山笠」の「長法被」をプレゼントされ、笑顔で羽織ったトムなど、約7000人のファンと触れ合った。

そして最終地である六本木ヒルズアリーナには徹夜組200人を含め、約1,500人ものファンが、開場前からアリーナに集結。トム・クルーズの登場を待ちきれない熱いファンから、「トーム!トーム!」の大声援が贈られると、ファイアー、そしてスモーク演出の中、アリーナの舞台にトム・クルーズとダグ・ライマン監督、アーウィン・ストフ プロデューサーが姿を現した。その瞬間、集まったファンの興奮が一気に上昇し、大歓声と拍手が沸き起こった。

トムが集まったファンに一言「アイラブユー!アイラブジャパン、トウキョウ!」と挨拶すると、更に大きな声援が送られ、マスコミのフラッシュが一斉にたかれた。そして「いつも歓迎してくれてありがとう、興奮で胸が潰れそうです。皆さんに一生懸命作ったこの作品を早く観てもらいたいです」と、本作にかけた想いを口にした。

続いて、原作者の桜坂洋が登場し、トムと熱い握手。桜坂が今回のハリウッドでの映画化に関して「夢のようです。漫画で描いたものが実現してしまった感じです」と答えると、トムは「エキサイティング!漫画ももらって嬉しかったです」とコメントし、会場を沸かせた。

そしてラスト、来る7月3日がトムの誕生日であることと、その翌日が『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の日本公開日であることから、集まったファンから「ハッピバースデー」の大合唱がトムに贈られた。このサプライズに流石のトム・クルーズも驚いたらしく、「ありがとう!今年初めてのバースデープレゼントです」と声を震わせながら改めて日本のファンに感謝の意を表した。

その後のレッド・カーペットセレモニーでは、多くのマスコミからの質問に紳士に答えつつ、集まった1,500人ものファン達に丁寧にファンサービスをするトム。キャンペーンの強行軍を完徹し、1時間45分にわたってサイン、写真、握手、そして抱擁にまで笑顔で応えるトムの姿に、ファン、そしてマスコミからも感嘆の声が上がっていた。

トム・クルーズ コメント


ダグ・ライマン監督の作品はどれも好きで、ファンだったので今回ご一緒出来てとても嬉しかったです。(映画で着用している)機動スーツは、この映画ならではです。決して妥協したくないし、コンピューターで作らずリアルに演じたかったのです。そんなスーツは約50kgもあるので、冷蔵庫を常に背負っているみたい(笑)。日本原作であり、日本と繋がりのある作品なので、今日という日が来ることをとても楽しみにしていたのですごく嬉しいです。3年前、ダグ・ライマン監督とアーウィン・ストフプロデューサーと3人で、新しい映画にしようと働きかけていいチームワークが出来上がりました。ラブストーリーも誰も見たことのないほど特別なものです。ユーモアもあり、色んなキャラクターもいるので早く日本の方に本作をご覧頂きたいです!

ダグ・ライマン(監督) コメント


東京は1番好きな都市です。私はNY出身ですが、姉妹都市ということもあり家に帰ってきたように居心地が良いです。今回桜坂洋さんの書いた小説が原作ですが、彼にはハリウッドに実写化を託してもらえ、トムにも出演してもらえ、大変気に入ってくださった。本当に感謝しています。また私は本当にトムが好きで、ずっと一緒に仕事がしたかったのですが、今この瞬間それが夢から「また仕事がしたい」と過去形に変わりました。トムは俳優という枠だけではなく、スタントマンでもあります。彼が自分でアクションシーンをこなしてくれたおかげで、デジタル処理をすることも無かったのですから。そんな気持ちを注いだ本作を、日本の方に映画を観て頂けることが今は感動です!

アーウィン・ストフ(プロデューサー) コメント


本を読んだ時、これは誰も作ったことのないものが出来ると思いました。そして1番はトムに出演してもらえたこと、本当に嬉しかったです。この小説はまさに映画にピッタリの作品ですね。

桜坂洋(原作) コメント


今回の映画化は本当に夢のようです。さらにトムと同じ舞台に立てるのは、(通訳の)戸田奈津子さん以外で日本人は珍しいですよね(笑)。本作でトムが着用する機動スーツは本当に重くて大変なので、あれで演じることが出来るなんですごいですよ。動けないです。漫画が現実とリンクするような、描いたものが実現してしまった感じですね。
2014年6月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
2014年7月4日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://www.allyouneediskill.jp