ニュース&レポート

『アメイジング・スパイダーマン2』キャスト陣が来日!ファン参加の会見で大サービス

アメイジング・スパイダーマン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『アメイジング・スパイダーマン2』の公開を前に、主演のアンドリュー・ガーフィールド、共演者のエマ・ストーンとジェイミー・フォックス、マーク・ウェブ監督らが来日し、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて記者会見を行った。
『アメイジング・スパイダーマン2』キャスト陣が来日!ファン参加の会見で大サービス

今回の記者会見は、1月に限定425枚販売された限定前売り券を購入したファン425名も招待されており、スパイダーマンのコスプレをした熱狂的なファンなど、400人が大集結。ファンを大事にするスパイダーマンらしいファン参加型の異例の記者会見となった。

カメラ20台、スチールカメラ100人、記者150人のマスコミもつめかけ超満員の場内が熱気に包まれる中、主人公ピーター・パーカー=スパイダーマンを演じるアンドリュー・ガーフィールド、ピーターを愛しスパイダーマンを支えるグウェン役のエマ・ストーン、そして、スパイダーマンの熱烈なファンから一転、最大の敵となるエレクトロをその確かな演技力で魅せるジェイミー・フォックス、さらに前作からから続投し前作を超える力作を生みだしたマーク・ウェブ監督、製作のアヴィ・アラド、マット・トルマックが登場。場内は割れんばかりの拍手に包まれ、会見がスタートした。

アンドリューは、「NYで撮影中、スーツ姿に、道行く人からスパイダーマンだ!!という驚きの反応がありました。また、街でバスケをしていた6〜7才の子供たちと、スーツ姿でバスケをしたりしました。内心驚いてたんじゃないかな」と撮影中のエピソードを披露。今作については、「ラブストーリーだけでなくヒーローとして私生活を犠牲にしなければならず、バランスをとろうと苦労し、大きな決断を迫られます」と説明した。

『アメイジング・スパイダーマン2』『アメイジング・スパイダーマン2』『アメイジング・スパイダーマン2』
続いてエマは、「今回すべてNYで撮影しましたが、多くの人が詰めかけてバリケードで人を止めていてちょっと怖かったです」と振り返り、ジェイミーは、「誰もが好きなニューヨークですから、(実際に歌いながら)歌をうたいたくなるくらい興奮しました。今までで一番の強敵を演じたい!と思ってがんばりました」と、今作へ参加した喜びを口にした。

会見では、ファンからの質問タイムも用意されており、直接質問できる栄誉に輝いた、スパイダーマンスーツを着た2人の男の子から「スパイダーマンは強いですか?」との質問が。これにアンドリューは、「スパイダーマンは普通より強い力を持っているが、彼は完ぺきじゃないし、最高の自分になろうと努力しています。彼はやさしい心を持っているのでより強い力が出るのだと思います」と丁寧に答えた。そして、2人の男の子を舞台に呼び一緒に写真を撮るなど、心温まるサプライズもあり、会場は温かい拍手に包まれた。

最後に特別ゲストとして、日本一のスパイダーマンファンであり、日本語吹替版にエレクトロ役の声優として待望の本編参加を果たした中村獅童が登場。中村は感激の様子で登壇者1人1人と握手し、「エレクトロは、敵役ですが、彼もスパイダーマンファンの役なのでよかったです。参加できて非常に嬉しいです!」と話すと、同じく子供の時からのスパイダーマンファンであるアンドリューは、「スパイダーマンはNYを守ろうとしているだけなのに、エレクトロにぼこぼこにされるので、複雑です。しゃぶしゃぶでも食べながらそのへんのところを話しましょう!」とコメント。

そして中村が声を担当したエレクトロ役のジェイミーは、「エレクトロ役を担当していただいて大変光栄です!日本のエレクトロの声をぜひ聴きたい!一緒にやりましょう!」というと、中村と共に、エレクトロの日米共演が実現。また、中村がスパイダーマンにちなんで、クモの糸を顕すテープを登壇者にプレゼントすると、登壇者たちは興味津々!全員でクモの糸を飛ばし会場を盛り上げた。

憧れのスパイダーマンキャストとの共演に中村は「今回謎が明らかになる部分があったり、3D映像がすごくてNYを一緒に飛び回っている気持になります。一生懸命やらせていただいたので楽しんでいただければと思います」と、大感激の様子で語った。
2014年3月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『アメイジング・スパイダーマン2』
2014年4月25日(金)より、TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
公式サイト:http://www.amazing-spiderman.jp/