ニュース&レポート

「このステキな話を届けたかった」高良健吾主演『おにいちゃんのハナビ』初日挨拶

おにいちゃんのハナビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
映画『おにいちゃんのハナビ』が25日に初日を迎え、国本雅広監督と、主人公である兄妹を演じた高良健吾と谷村美月、そしてその両親を演じた宮崎美子と大杉漣が有楽町スバル座の舞台挨拶に登壇。本作の主題歌を歌う藤井フミヤもスペシャルゲストとして駆けつけた。
画像:「このステキな話を届けたかった」高良健吾主演『おにいちゃんのハナビ』初日挨拶

映画『おにいちゃんのハナビ』は、年一回の花火に想いを託す雪国の小さな町に生きた一人の少女と、彼女への想いを花火に託した兄との真実を基に作られた感動作。自分の殻に閉じこもっていた兄が、余命僅かな妹から生きる勇気をもらい、再生していく姿を描いていく。

上映終了後、舞台に上がったゲストらは、それぞれ一言ずつ挨拶。主演の高良は、「(谷村)美月ちゃんに精一杯思いが伝わればいいと思ってやっていたので、それが お客さんに伝わればうれしいです。自由に観て、自由に感じて欲しいです。僕はこのステキな話を届けたかっただけなので、気に入ってもらえたら色んな人に宣伝してこの映画を育てて下さい」と呼びかけ、谷村は、「いよいよ公開という気持ちとさみしい気持ちです」と複雑な気持ちを表しながらも、「この作品では学ぶことが多くて、思いやりを心がけようと改めて思いました。友達ともう1度観に来たいと思います」と語った。

また、2人の母親役を演じた宮崎美子は、「まじめでしっかり者の2人の母親ということで、2人にひっぱられてきました。現場でも人としてどんどん成長していくので、母親の気持ちがわかりました」と笑顔を見せた。父親を演じた大杉は、「今回はこの映画のおかげで、一つ一つ、一人一人の思いが込められている花火や片貝のお祭りがあることを知りました。本当にこの映画に参加できてうれしかったです!」と満足げに語り、「今、花火を上げるとしたら1発目はこの映画の為に、2発目は自分のサッカーのゴール祈願、そして3発目穏やかに過ごせる時代の為に四尺玉を上げたいと思います! 」と語り会場を盛り上げた。

そして、スペシャルゲストとして登場した藤井フミヤは、「この曲を主題歌にしてもらって縁を感じています。映画が終わって、最後の最後の一滴まで(涙) という気持ちで作りました」と、主題歌に込めた思いを語り、同じ九州出身として仲良くなったという高良に、「そのうちご飯でも(笑)!」と語りかけていた。
2010年9月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『おにいちゃんのハナビ』
2010年9月11日(土)新潟先行公開、9月25日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://hanabi-ani.jp/