ニュース&レポート

映画『アントキノイノチ』がモントリオールでプレミア上映!岡田将生&榮倉奈々が仏語で挨拶

アントキノイノチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
カナダのモントリオールで開催中の、第35回モントリオール世界映画祭で、ワールド・コンペティション部門へ出品された『アントキノイノチ(海外版タイトル『Life Back Then』)』がプレミア上映を迎え、現地時間19日(金)、瀬々敬久監督と岡田将生、榮倉奈々が記者会見と舞台挨拶に出席した。
映画『アントキノイノチ』がモントリオールでプレミア上映!岡田将生&榮倉奈々が仏語で挨拶

8月19日(金)15:35(現地時間)から行われた記者会見では、瀬々敬久監督が、「この映画は、ここモントリオールが世界で最初の上映になります。皆さんの反応がすごく楽しみです。この美しい街で僕たちの映画が上映されることを光栄に思っています」と挨拶。

質疑応答では、「何故、「イノチと精神的暴力」というテーマを盛り込んだのか」という質問に対し、瀬々監督は、東日本大震災や9.11の同時多発テロに触れ、「僕たちはこういう世の中に生きている。しかしそういった厳しい現実、暴力的な世界の中でも、より良く生きたいと常に思っていますし、実際に生きていこうと思っているのが人生だと思います。これからは憎しみの連鎖が繋がるのではなく、命が繋がっていくことをテーマにしたいと思いました。最終的に映画で描きたかったのは、新しい生が誕生すること、命が次の世代に繋がっていくこと、より良く生きていくにはどうしたらいいかを探っていこうとした作品です」

俳優2人へは、「余り言葉を使わず何かを伝えようとしていたが、苦労があったのではないか」という質問があり、これに対し岡田は、「今回は心が傷ついた青年役で、言葉に出せない役柄でもあったので、とても苦労しました。僕の表情で伝わっているのかどうか毎日毎日監督に確認していました」。榮倉は、「育った環境や今ある状況によって同じ単語でも違った意味に伝わることはあると思いますし、言葉や行動がすべてではないと思っています。だからたくさんの人に伝えるのはすごく難しいと思いましたが、監督やプロデューサーの中に伝えたいことの芯があったので、それを信じてやっていきたいと思いました。確かに難しかったです」と回答した。

第35回モントリオール世界映画祭『アントキノイノチ』第35回モントリオール世界映画祭『アントキノイノチ』
21:30(現地時間)から行われたプレミア上映会の舞台挨拶では、瀬々監督が、「Bonsoir. (ボンソワール/訳:こんばんは)」と挨拶。「日本という国の、人とのつながりが薄くなってきた社会を背景にして作った映画です。どうしてそうなってしまったのか、そんな社会で僕たちはこれからどうやって生きていけば良いのか、ということを考えながら作りました。僕たちの想いが伝わればと思っています」

続いて岡田は、「今日はありがとうございます。歴史あるモントリオール世界映画祭に来ることができて良かったです。この映画では、人と人がつながっていく大切さを描いていますが、今、みなさんとつながれた気がします。またモントリオールに来たいです」という意の挨拶を、なんとフランス語で披露。

榮倉もフランス語で「みなさん、こんばんは。榮倉奈々です。本日はご来場いただきありがとうございます」と挨拶した後、「今、日本の人たちが、命や、生きることについて考える機会が多くなっているこの時期に、この映画に出会えて、私はとても幸せです。皆さんにも同じ気持ちになっていただけたら、すごく嬉しいです。ありがとうございます」と語った。

プレミア上映では、若い観客も多く、上映後の観客からは「孤独や死についての考え方がよかった。登場人物の感情がゆっくりと移り変わっていくさま、話が進むにつれて、自分たちの感情をさらけ出し始めるところがよかった」、「人のリスペクトすることや皆がつながっていること、そして、今ある関係を大事にし、お互いを大切にすることに感銘を受けました」、「今年みた映画の中で一番でした」、「家族の間でさえ連絡を取ることがなくなってしまうこともあり、自分の父、母、妻、子供と話をすることの大切さを教えてくれました」といった意見も聞かれた。

監督・キャストも、観客に囲まれ、映画の感想や感動を直に聞いており、岡田は照れながらも応じ、榮倉は笑顔で「Thank you」と答えながら、写真にも対応していた。
2011年8月21日
『アントキノイノチ』
2011年11月19日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.antoki.jp/