ニュース&レポート

ウィレム・デフォー&ジュリアン・シュナーベル監督が来日!映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア

永遠の門 ゴッホの見た未来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督最新作『永遠の門 ゴッホの見た未来』(11/8公開)のプロモーションのため、ジュリアン・シュナーベル監督とウィレム・デフォーが来日し、ジャパンプレミア舞台挨拶に登壇。ゲストとしてリリー・フランキーも駆けつけた。
『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア

大勢の観客が集まる中、登場したジュリアン・シュナーベル監督とウィレム・デフォー。「ARIGATO!ご来場いただきありがとうございます。ゴッホは日本に来ていたがったので、私が代わりに来ました。(隣にいるデフォーを指しながら)ある意味でゴッホを隣に一緒に連れてきています。麦わら帽子をかぶっていませんが。(笑)そして、妻のルイーズを紹介させてください。美女と野獣ですね。私は30年前に日本に来たことがあります。世田谷美術館で展覧会があって、それで来日しました。その時は歌舞伎の絵を描きました」とシュナーベル監督が、挨拶し、会場を沸かせた。「この作品をみなさんと分かち合えること嬉しいです。映画のプロモーション以外では日本に来ていましたが、特にこの作品で来られて嬉しく思います」とデフォーが挨拶をし、ジャパンプレミアはスタートした。

ゴッホをテーマに作品を撮ることになったきっかけを尋ねられると、「作らざるをえなかったんです。最初はゴッホの映画は作りたくなかったんです。既にたくさんの映画が作られていたので、必要ないと思ったんです。ですが、必然的にやらなければならないということになりました。彼の作品は純粋なものに至るまでの乗り物で、妥協が一切ない。それが芸術の本質だと思います。“それをやりたい”という欲望だけ。この映画を作るプロセスの中で、芸術を作るプロセスの映画作りました。絵画であれ、演技であれ、映画作りであれ、そのものを芸術に差し出します。アートがあって、それ以外があるということです。皆さんは映画をご覧になって、ゴッホについての映画ではないと思うでしょう。この作品はみなさんご自身の映画です。ゴッホを見る映画ではありません。これがこの映画を作るのに十分な理由でした」と監督は力説。

また、デフォーがゴッホを演じたことについて尋ねると、「僕はジュリアンを長年知っていて、友人関係です。撮影に入ったら絵を描かなければならないということを知りました。実際にゴッホがいた場所で撮影できるということも知りました。この映画ではジュリアンに絵を描くというプロセスを教えてもらって、絵を描く、という概念が変わりました。それが役作りの本質になりました。(30も離れているゴッホと自分との)年齢差のことは全く考えませんでした。彼は若い男ではなかったからです」とデフォーが答えると、「僕も全く考えなかったよ」と監督も賛同した。

シュナーベル監督の現場の様子に関しては「先ほどは“絵を描くことの”見方が変わったと申しましたが、光を描くということを教わりました。1マークずつ筆を使ってつけていく、マークを重ねていきます。お互いに振動しあって、語り始める。そこから何かが生まれてくる。絵を描くことは一つの印を重ねていくものだと知った。ものを見たときに形状ではなくて、光を見るようになりました。これを経験するということが、映画作りでありました。作品自体も実際のゴッホがいた風景に身を置いて、風景を見ながら、ゴッホとはどんな人だったのか、それを表現したものがこの映画になっています」とデフォーが振り返った。

デフォーにゴッホ役を依頼した理由に「ウィレムは素晴らしい役者で、信頼している人で、彼みたいな人は必要ですが、彼みたいな人はいません。自分ではゴッホはできません。彼は私の次に“いい人”です。彼とは30年来の友人で信頼しあって、お互いを頼りにしているので、信頼を持って作り上げることができました。彼は自分を失望させることはしませんでした。同時に、私には責任があると思いました。このテーマを取り扱うのであれば、彼はこういうことができるというのを見せるのが私の責任だと思いました。それをやる中で、彼が私が見たことない人に変身しました」と言い、「映画を見る以外に何か重要なことがありますかね?」と付け加え、映画を早く観客にみせたい様子。

『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア『永遠の門 ゴッホの見た未来』ジャパンプレミア

ここで特別ゲストのリリー・フランキーがゴッホの作品「ひまわり」を連想させるような黄色い花束を手に登場し、デフォーとシュナーベル監督に渡した。「リリーと言います。本当に僕の尊敬するお二人と、皆さんにお伝えしなければならないのですが、今日花束を持ってきたのが、女優さんではなくてすみません」と観客にあいさつをし、会場を沸かせた。

シュナーベル監督と、デフォーの印象を尋ねられると、「僕も監督の映画から、音楽から、アートからものすごく影響を受けていますし、デフォーさんの映画からは、役者を超えた人間の可能性を教えてくれます。なので今日は本当に嬉しいですし、最近私は家で寂しい生活をしているのですが、今日は2人に会えて、ゴーギャンがゴッホのいるアルルに来てくれた時のような気持ちです」と、映画に絡め話し、監督とデフォーも嬉しそうな様子。

そんなリリーにシュナーベル監督は「『万引き家族』は本当に素晴らしかったです。褒め言葉を素直に受け取るのは大変だと思いますが、私はそんなに軽々しく言う人ではないですよ。素晴らしい演技、深い演技でした。」と大絶賛。リリーさんは「本当に監督にそう言ってもらえて嬉しいです。日本人は美術館によく行く民族ですが、印象派、とりわけゴッホはみんな好きだと思います。映画を見たのは3日前ですが、未だに映画の中から出てこれないというか、今でもゴッホの絵の中にいるのか、ゴッホの目線の先にいるのか、わからないです」と作品について話すと、監督も「あなたの気持ちよく分かります。だからここに来て、日本の方と映画を見たかったんです。この映画すでに何回も見ています。でも絶対今日日本の皆さんと映画を見たかったんです」と、意気投合した様子。

MCから「(リリーも)絵を描いていらっしゃいますが・・」と話しを振られると、「監督の前で僕の話、しないでください!俺おでんの絵を書いているだけですから!」と慌てた様子で会場の笑いを誘いつつも、「ゴッホは色々な画家の中で一番知っているつもりだったんですけど、お二人のゴッホを、お二人の目を通して見ることができて。デフォーさんが日の出を待ってスケッチに出かけるときに、そのときに微笑んだゴッホの顔が、ゴッホの寂しいエピソードを救ってくれました」と言うリリーに、「本当に美しい言葉で、ずっと聞いていたいです」とにこやかなデフォー。

監督も「そこは映画の中でも特に重要なシーンで、私はゴッホはかわいそうな人だとは思っていないんです。別に映画を分断するつもりはないですが、あの瞬間、ゴッホはまさに自分のいたい場所にいたんだということが分かります。誰にとってもあの瞬間を見つけるのは難しいです。ここで、妻のルイーズに感謝しなければならない。あの場所に連れて行ってくれたのがルイーズなんです」と客席にいた妻に感謝を述べ、会場からも拍手が起こった。そんな話しを聞いていたデフォーは感激しつつ、「自分のお葬式にいるような気持ちになってきました」と話し、会場の笑いを誘った。

最後にシュナーベル監督がリリーに「私も年中映画を作っているわけではなく、最後に映画を作ったのは7年前でしたが、もし映画をまた作る機会があれば、是非ご一緒したいです」とラブコールを送り、リリーも「それでは毎日長生きするように心がけますね」と返し、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。
2019年9月27日
『永遠の門 ゴッホの見た未来』
2019年11月8日(金)新宿ピカデリー他 全国順次ロードショー
公式サイト:https://gaga.ne.jp/gogh/