ニュース&レポート

米倉涼子、『アベンジャーズ』続編出演へ意欲!『アベンジャーズ』ジャパンプレミア

アベンジャーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
世界70カ国で初登場No.1に輝き、世界歴代興行収入第3位の大ヒットを記録している『アベンジャーズ』が、8月14日(火)、ついに日本上陸。東京・六本木ヒルズアリーナでジャパンプレミアが行われ、キャストのサミュエル・L・ジャクソンとジョス・ウェドン監督、プロデューサーのケビン・ファイギ、日本語吹替えを務めた竹中直人と米倉涼子が出席した。
米倉涼子、『アベンジャーズ』続編出演へ意欲!『アベンジャーズ』ジャパンプレミア

日本公開初日となる8月14日(火)、会場となった六本木ヒルズ アリーナには、本作のプロデューサーを務めるケビン・ファイギ、監督のジョス・ウェドン、そしてシールドの長官ニック・フューリーの声優を担当した竹中直人と、アベンジャーズの紅一点、最強の女スパイ ブラック・ウィドウの声優を担当した米倉涼子のペアが登場。続いて、最強のヒーロー達の代表として、彼らを束ねる長官ニック・フューリーを演じたサミュエル・L.ジャクソンが姿を現し、レッド・カーペットを闊歩した。

アリーナ特設ステージでの舞台挨拶では、サミュエルが、「『アベンジャーズ』をようやく日本の素晴らしいファンに気に入ってもらえたのが嬉しい!」と興奮ぎみに語り、ジョス・ウェドン監督は「今の気分は最高!!ここに集まってくれたファンと、今日日本各地の劇場に足を運んでくれた大勢の観客に感謝したい」と日本でもNo.1確実となる大ヒットに感無量の面持ち。プロデューサーのケビン・ファイギも、「本当にありがとう!ようやく『アベンジャーズ』を日本の皆様に観てもらえるのが何より嬉しいです」と喜びを口にした。

また、サミュエルは、自身の日本語吹替えを務めた竹中に対し、「竹中さんに自分の役を演じていただいたのは大変光栄。以前から役者として素晴らしい人であることを知っていましたし、魅力を知っていたからです。竹中さんがキャラクターに命を吹き込んでくれたと思っています」と賛辞を送ると、竹中は、「サミュエルさんは存在自体に迫力があってオーラがあって、横にいても思わず見とれてしまいます。まさか自分がサミュエルさんの役を演じられるとは思っていなかったです!映画はとにかくおもしろいですし、冒頭のシーンの僕のセリフからとてもかっこよくてしびれちゃいますよ!」とコメントした。

一方、4月に行われたLAプレミアにも参加した米倉は、「やっと日本のみなさんに観てもらえることが出来て嬉しいです。スカーレット本人にお会いした時、いろいろアドバイスをもらいました。女性1人なのでいかに男らしく、かつセクシーに演じられるかを意識しました」とコメントし、「とにかく本当におもしろい映画。すごいパワーを持った作品です」と作品をアピール。ウェドン監督とプロデューサーのケビン・ファイギは米倉にすっかり魅了されたようで、「スカーレットって誰のことだい?と忘れてしまいそうになるくらい彼女は美しい」(監督)、「スカーレットがバケーションに出かけた時などはチャンスだね(笑)僕が直接連絡をとることになるかもしれない(笑)」(ケビン)と口々に絶賛。これに米倉は、「私の続編出演も楽しみにしていてください(笑)」と笑顔で応え、ハリウッド進出の意欲をのぞかせた。

舞台挨拶の最後には、オリンピックの熱心なサポーターであったことでも有名なサミュエルから、日本語での「日本のみなさん、オリンピックの後はアベンジャーズを観てね!」という長官声明で締めくくられた。105台のTVカメラ、61台のスチールカメラ、600人を超すファンを集めたジャパンプレミアは、映画の大ヒットスタートを飾るにふさわしい盛況ぶりで幕を閉じた。

初日とジャパンプレミアが同日という常識を覆すオープニングとなったこの日、全国の843スクリーンで一斉に上映が始まり、中でもTOHOシネマズ 六本木ヒルズでは待ちきれないファンのために午前0時から上映を開始。先売り開始後早々に売り切れたという報を受け、ジョス・ウェドン監督による舞台挨拶も実現し、深夜の終映をものともしない、熱狂的なファンたちが大きな拍手で監督を迎えた。全国各地でも、朝一番から満席の劇場が続出。客層も洋画のヘビーユーザーである40代以上の映画ファンだけでなく、小学生の親子連れから若いカップルなどの幅広い層が劇場に足を運び、2012年度、洋画No.1を狙える好スタートを切った。
2012年8月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『アベンジャーズ』
ブルーレイ/DVD/オンデマンド 2012年12月19日(水)発売!! 
公式サイト:http://Avengers-movie.jp