ニュース&レポート

アニマル浜口、『ハッシュパピー』試写会で子育て論を熱弁。娘からの手紙に涙

ハッシュパピー バスタブ島の少女

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
4月20日(土)より公開される映画『ハッシュパピー バスタブ島の少女』のイベント付き試写会が開催され、日本を代表する熱い父娘、アニマル浜口・京子・初枝夫人が登壇し、アニマル家流の子育て論を語った。
アニマル浜口、『ハッシュパピー』試写会で子育て論を熱弁。娘からの手紙に涙

映画『ハッシュパピー バスタブ島の少女』は、ハリケーンで壊滅した小さな島を舞台に、6歳の少女ハッシュパピーの目線を通して描かれる創造豊かでファンタジックな世界、それと同時に厳しい現実をも描き出した感動ストーリー。

本編を鑑賞後、アニマル浜口は涙を浮かべながら開口一番「ハッシュパピー!ハッシュパピー!ハッシュパピー!」と絶叫。娘の京子を想う姿が自身と重なったようで、感動を全身で体現した。娘の京子は、「父親が娘を思う気持ち、ハッシュパピーちゃんがお父さんを想う気持ちがとても熱くて、繋がっていて、感動しました」、また初枝夫人は「とても素晴らしい映画だと思いますね、是非皆さんに見て頂きたいです」と大絶賛。

さらに、「そろそろ浜口劇場にいきますか?」と場内の様子を伺がっていたアニマル浜口は、浜口家独自の子育て術を“浜口劇場”と称して披露。「強くするためには厳しくしないとイカン!そうしたら京子が泣いて帰る、(初枝夫人を指し)こいつは京子に優しくする、俺が(家に)帰ると…『あんた!京子は女なんだから厳しすぎる!』と言うんだけど、それを聞いてた京子はお母さん、お父さんをいじめないで…って言うんだよ!これが厳しさと優しさの調和!浜口劇場なんですよ!」と独特の子育て論、“浜口劇場”について熱弁を振るったが、「偉そうな事言うほどではありません」と、すかさず厳しい初枝夫人のツッコミ。

続いてアニマル浜口は、本邦初披露という自作の新曲を披露。赤ちゃんをなだめる歌をリズムにのって歌い上げると、「何がプッコラプッコラプップップーよ!今日はハッシュパピーちゃんでしょ!」とさらに初枝夫人の怒りを買う羽目に。

大暴れしていたアニマル浜口を尻目に、なんと、娘・京子からアニマル浜口へサプライズで手紙が贈られた。指導者として、何より“父として”時に厳しく優しくも接しているアニマル浜口への感謝の気持ちが語られると、アニマル浜口は思いもよらないプレゼントと京子さんから贈られた温かい手紙に再び涙を浮かべた。

最後に、京子は笑いを堪えきれない様子で、「父がオナラの歌を歌ったからかもしれないけど…母が(壇上で)プップーっておならをしました(笑)」と、最後までユニークな浜口家の姿と共に、イベントは幕を閉じた。
2013年4月17日
『ハッシュパピー バスタブ島の少女』
2013年4月20日(土)、シネマライズ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿ピカデリー他公開!
公式サイト:http://www.bathtub-movie.com