ニュース&レポート

映画『バトルシップ』 ワールドプレミアが開催!テイラー・キッチュ、浅野忠信、リアーナら豪華キャストが勢揃い

バトルシップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
4月13日(金)より公開される映画『バトルシップ』のワールドプレミアが3日(火)、国立代々木競技場 第一体育館にて行われ、監督のピーターバーグをはじめ主演のテイラー・キッチュ、浅野忠信、リアーナ、ブルックリン・デッカー、アレクサンダー・スカルスガルド、グレゴリー・ガドソン元大佐ら豪華キャスト陣が勢揃いし、レッドカーペットイベントと舞台挨拶に登壇した。
映画『バトルシップ』 ワールドプレミアが開催!テイラー・キッチュ、浅野忠信、リアーナら豪華キャストが勢揃い

レッドカーペットでは、日本人ゲストとして伊藤歩、KONISHIKI、西山茉希、魔裟斗、三浦貴大に加え、本作で日本語吹替えを担当した土屋アンナら日本人ゲストも姿を現し、ワールドプレミアに華を添えた。レッドカーペットをゲストが歩く様子が場内のモニタに映し出されると、会場からは大きな声援がわきおこり、早くも大盛り上がり。

舞台挨拶ではピーター・バーグ監督が、「あらゆる人に楽しんでもらえる映画をつくったつもりですので、とにかく楽しんでご覧ください。日本とアメリカは、協力し合い助け合っています。アメリカは本当に日本を愛しています。日本も同じだと信じています。ですから、日本とアメリカが手を取り合いエイリアンに立ち向かうという日米の絆を描いた作品を手がけられて本当に嬉しいです」と挨拶。

主人公のアメリカ海軍新人将校アレックス・ホッパーを演じたテイラー・キッチュは、「温かく歓迎していただきありがとうございます。日本でワールドプレミアが行えて嬉しいです。楽しんでください」。日本の海上自衛艦艦長ナガタ役の浅野は、「日本が世界で一番最初に一般のお客様に観てもらえることになり、しかもこんな盛大な場所でワールドプレミアが行えるなんて夢のようです。僕自身もこういう場所でみるのは初めてなので、皆さん一緒に楽しみましょう!」

アレックスの部下で、抜群の運動神経と度胸を誇る女性兵士レイクス役のリアーナは、「ハロー!トーキョー!!」と盛り上げ、「本当にこの場にいられてエキサイティングだわ!初めての映画出演が、こんな超大作なんて誇りに思うわ!私は男勝りの役なんだけど、アクションに是非注目して楽しんでね!!」とアピール。アレックスの恋人を演じたブルックリン・デッカーは、「日本に来るのは初めてで、このような大作のワールドプレミアで来られること、そしてこのような場に立てることは貴重な体験で嬉しく思っています」とコメントした。

兵士として20年以上のキャリアをもち、今回が映画初出演となるグレゴリー・D・ガドソン元大佐は、「初めて出演する映画でこのような場に立てて非常に光栄です。皆さん是非楽しんでください」と挨拶。アレックスの兄で、駆逐艦の指揮を任される海軍士官を演じたアレクサンダー・スカルスガルドは、「こんな大きなステージに立たせてもらい一曲歌いたいところですが、止められました(笑)」と笑わせながら、「悪天候の中こんなにたくさんの人に来ていただきありがとうございます。是非楽しんでください」と呼びかけた。

そして最後に浅野が、「本当に今日は楽しいです。小さいころから面白い映画を観るのが楽しみで、今、面白い映画に出させていただき、この場に立てることが最高です。今日は存分に楽しんで、気に入ってもらえたら友人や家族と何度でも観てください」とPRし、三本締めで華やかなワールドプレミアを締めくくった。
2012年4月4日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『バトルシップ』
2012年4月13日(金) TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
公式サイト:http://battleship-movie.jp/