ニュース&レポート

思い出をありがとう!“渋谷の聖地”HMV渋谷店を水嶋ヒロ&佐藤健ら『BECK』メンバーが表敬訪問

BECK(ベック)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月22日に惜しまれつつも閉店するHMV渋谷店の、最後の映画イベントとして「HMV」×『BECK』 のコラボイベントが開催。音楽はもちろん、ファッション、アートなど、若者文化を牽引してきた同店のステージに水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理が登場した。
画像:思い出をありがとう!“渋谷の聖地”HMV渋谷店を水嶋ヒロ&佐藤健ら『BECK』メンバーが表敬訪問

累計発行部数1500万部の大人気・青春音楽コミックを映画化した話題作『BECK』。音楽という絆で結ばれた若者たちの成長と友情を描いた本作と、“渋谷の聖地”HMV渋谷店のコラボイベントでは、抽選で招待された100人のファンを前に、”音楽”をテーマにしたトークセッションはもちろん、「HMV渋谷」と『BECK』によるコラボセレモニーも行われた。

映画ではNY帰りの天才ギタリストを演じた水嶋は、役柄について「楽器の練習が一番の課題でした。人気コミックスの役を演じるにあたり、説得力がなくてはならなかったので、プレッシャーでもあり、難しいところでした」と語った。水嶋が演じる竜介と出会ったことで音楽へ傾倒していくコユキを演じた佐藤は、「劇中でもコユキは初めて楽器を触るところから描かれているので、そういう点では、コユキと一緒に成長できたと思います。大変でしたが、ギターを持って現場に行くのが青春という感じがして、面白かった」と、水嶋ほどのプレッシャーはなかったようだ。

『ソラニン』ではドラマーを演じた桐谷は、今回はバンドのムードメーカーでもあるボーカル(ラップ)を担当。「とにかく勢いというか、エネルギーが大事だと思いました。この4人のパワーが上手くぶつかり合ってスパークしているので、楽しみにしててほしいですね。それに僕は、今回自分で歌を歌って、詩も書いたりしているので、是非聴いてほしいです」とアピールした。

一方、そんな桐谷のスパークぶりに困っていた様子なのが、ドラムを担当した中村蒼。「頭では分かっていても、体がついていかず、本当に難しかったです。桐谷さんはドラムが叩ける方なので、たまに、僕より先にドラムセットに座って、叩きながら「ドヤ!」という感じの顔で僕を見るんです(笑)。それで、桐谷さんが叩けば叩くほど、僕は居場所がなくなりました…」と暴露して会場の笑いをとると、「でも、ドラムは音が大きいので、叩いていて気持ちがいいし、最後まで楽しんでできたと思います」と付け加えた。

バンドメンバーの中で一番年上で、バンドの支柱にもなっている聡明なベーシストを演じた向井は、「ベースは、楽器の中では音が低い弦楽器なので、渋くて格好いいなと思っていました。だから、やるんだったらベースだと思っていたので、(自分に)合っていたと思います。ただ、キャラクターを全うするにはかなり練習をしなくてはいけないので、毎日必死でした。現場でもみんなで合わせたり、先生について練習をしたり、楽器をよく弾いていました」と、役作りの苦労を振り返った。

また、イベント会場となったHMVにちなんで、出演者それぞれに“思い出の曲、今好きな曲”を質問。ヒップホップが好きだという水嶋はエミネムをあげ、「今好きな曲は、復活したEMINEMのアルバムの中に収録されている「Not afraid」という曲です。EMINEMの昔の曲も、サッカーの試合前に聴いてテンションを上げたり、助けてもらっていました」。佐藤は、「僕は友達のバンドでONE OK LOCKの「完全感覚Dreamer」が好きです。寂しい時に聴くと元気が出るんです」と回答した。

桐谷は、「中3の時に、初めて友達にもらったCDが、THE BOOM&矢野顕子の「釣りに行こう」でした。すごくやさしい曲だから好きです」。中村はKREVAの「My Life」と答え、その理由を「歌詞の中に「良い思い出とかもたくさんあるけど、それはそれでそのまま残して、今を楽しんでこう」というのがあって、共感できて好きになりました」と明かした。向井は、ジャミロクワイの「Travelling Without Moving」をあげ、「ベースがとてもかっこいいんです。平(自身の役柄)っぽいようなベースラインもあるし、改めて昔聴いていた曲を聴いてみると、ジャミロクワイのベーシストはすごい人なんだなと思います」と語った。

ここで、同店の店長より、映画のタイトルロゴの刺繍が入ったHMVスタッフシャツがゲストに、ゲストからは、メンバー全員のサイン入りTシャツが記念品として贈られ、同店のスタッフとともに記念撮影が行われた。

最後に、水嶋がメンバーを代表して「HMVさん、素敵な思い出をありがとうございました。HMV渋谷店に思い出のある方も、是非最後に1度来ていただけたら、素敵な思い出や発見があるのではないかなと思います。併せて、僕らの映画『BECK』も是非見に来てください」とメッセージを贈った。
2010年8月3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『BECK(ベック)』
2010年9月4日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.beck-movie.jp