ニュース&レポート

水嶋ヒロ&佐藤健らキャストが勢揃い『BECK』制作報告会見

BECK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
3月30日、東京・SHIBUYA-AXにて『BECK』(9月4日公開)の制作報告会見が行われた。会見では、水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理、堤監督らによる記者会見の他、レッド・ホット・チリ・ペッパーズによる主題歌と、オアシスによるエンディングテーマの決定が発表された。
画像:水嶋ヒロ&佐藤健らキャストが勢揃い『BECK』制作報告会見


9月4日公開の音楽映画『BECK』は、第26回講談社漫画賞少年部門を受賞したハロルド作石の同名コミックをもとに、『20世紀少年』の堤幸彦監督がメガホンをとり実写映画化された音楽映画。

会見では水嶋が「僕たちキャスト一同、最初にお話を頂いた時は、大変光栄に思ったのと同時に、大きなプレッシャーも感じました。キャスト・スタッフと皆で一丸となってこの映画を作り、僕たちも役を全ういたしました。」と挨拶。原作のファンだいう堤監督は、「みんなが一緒になった時のパワーみたいなものを撮りたいと思っていました。最後の大きなステージでのライブシーンは、撮りながら鳥肌が立つようなものが撮れたと思っています。」と自信のほどをうかがわせた。

メンバーそれぞれの楽器練習について、ギターを担当した水嶋は、「練習期間もあまりとれなかったんですが、撮影の時までには自分としてもある程度の演奏レベルまで持っていけたと思います。睡眠時間を削ってでも練習しない限りは、竜介という役は説得力が欠けてしまうと思いましたので頑張りました」。同じく、ギター未経験という佐藤も「クランクインの1ヶ月前くらいに初めてギターに触って、練習を始めました。毎日弾いていたし、現場が始まっても空き時間に練習していました。でも、努力したというより、ギターの楽しさにすぐ気付くことが出来たので、「頑張らなきゃ!」という気持ちよりも、「楽しいから弾いている」という気持ちで練習できたと思います」。と振り返った。

現在公開中の『ソラニン』では、ドラムの腕前を披露した桐谷。今回は「僕は喉が楽器です(笑)」と宣言する通り、本作ではボーカル(ラップ)として参加する。「3年前くらいからフリースタイルのラップをやっています。音楽って不思議な魔法みたいなもので、楽しいと自然に歌いたくなる。僕は、常にラップを聴いて声に出して歌ったり、詩を書いたりしていたので、努力や練習というよりは、楽しくて声を出していた感じでした。そういう部分が映像でも映っていればいいなと思います。」と熱く語った。

一方、ドラムの中村は、「ドラムは、両手両足が違う動きをするので、最初は思うようにいきませんでした。でも、毎日ドラムスティックを握っているようにして練習していました。」と語り、さらに、「撮影中にドラムスティックが折れるという事件が起こったのですが、これは「僕はそれだけ頑張った」という事になると思いますので、是非この部分を記事にお願いいたします(笑)。」と、しっかり記者にリクエスト。ベースを担当した向井も、同じく楽器経験ゼロ状態からスタート。「僕は1日目でもう豆が出来てしまいました。ピックではなく、指でベースを弾くので、弦をはじく方の指は、豆ができやすかったですね。」と撮影の苦労を披露した。

キャスト陣の話に、その都度「完璧でした」とフォローしていた堤幸彦監督は、「皆さん、血が滲むような努力をされていましたし、物理的にも練習しすぎて、血が滲んでいました。」と付け加える。さらに、原作者のハロルド作石氏について聞かれた監督は、「現場にもお越しいただき、つないだ映像を見てもらったりしました。とても楽しんでいらっしゃる印象を受けましたので、一緒に作っている感覚になれました。」と振り返った。

最後にキャストを代表した水嶋は、「原作ファンの方々の期待を裏切ることは絶対にしたくないですし、ハロルド作石さんへのリスペクトというものも常に掲げ、原作ファンの皆様の顔を浮かべながら、1シーン1シーン、スタッフと一丸となって一生懸命取り組んできました。僕らが全身全霊をかけて取り組んだこの作品を是非、皆さん多くの方に伝えてください。」と、取材陣にアピール。

堤監督は、「たくさんある、この映画の見どころの1つとして、世代を超えて楽しんでもらえるというのがあります。仕上げをしている時に、フィルムの色を調節する年配のスタッフの方が、映画を観ながらホロホロと泣いていらっしゃったのを見て、本当にこの映画を撮って良かったと思いました。ロックとか音楽を前にして10代も50代もないです。そういう意味でも、世代を超えた力のある映画だと思っています。」とメッセージを送った。

また、会見では、RED HOT CHILI PEPPERSの「Around The World」が主題歌に、またエンディングテーマにはOASISの「Don't Look Back In Anger」が決定したと発表され、本格音楽映画にふさわしいW主題歌に、本作への期待が高まることとなった。
2010年4月5日
『BECK(ベック)』
2010年9月4日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.beck-movie.jp