ニュース&レポート

小沢仁志、山口祥行、本宮泰風、悪役の魅力を語る!“コワモテ”あるあるで珍エピソードも

ブラック・スキャンダル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月30日(土)より公開されるジョニー・デップ主演映画『ブラック・スキャンダル』のトークイベントつき試写会が行われ、日本映画界を代表する悪役俳優の小沢仁志、山口祥行、本宮泰風が出席し、悪役の魅力を語った。
小沢仁志、山口祥行、本宮泰風、悪役の魅力を語る!“コワモテ”あるあるで珍エピソードも

サングラスに全身黒のスーツ…鋭い眼差しで現れた3人。まず初めに、小沢が「実録と言えば俺たち?何が虚構か実録かもうわかんない」とドスの聞いた声でコメント。「映画のテイストが銃撃とかも生っぽいところが多くて、取り入れたいなと思うアクションが多かった」と小沢が話すと「変身願望の強い小沢さんはもしかしたら、今回はジョニデの頭ばっかり見ていたかもしれません」と山口。「そうなんだよ…(笑)」と冗談を言いながらも「ヒリヒリとした芝居が心地いい」と小沢は本作を絶賛した。

小沢仁志、山口祥行、本宮泰風、悪役の魅力を語る!“コワモテ”あるあるで珍エピソードも
様々な悪役を演じてきた3人。山口が「共演者のファンを敵に回しますよね」、本宮が「子供を迎えに行くと子供たちが嫌がる」と悪役俳優あるあると披露すると、小沢が「悪役っていうのは、観客が“早くこいつ殺してくれ”ぐらい思ってくれたら嬉しいだろ」と一喝し「悪と悪役って微妙に俺らの中で違うんだよな。悪役はヒーローっぽい一面があるからな」。しかし、「得したことはあんまりない。歌舞伎町歩いただけで職質されるからな」と珍エピソードも披露。

続いて「小沢さんと撮影していた時に、現場に包丁を持った荒くれ者がいるんで出るなって言われて。スタッフが確認しに行ったらサインをくれって小沢さんのファンが騒いでたんです」と本宮が話すと「そういうのに慣れちゃって、麻痺してんだよな」と小沢は苦笑い。「ディズニーランドに一緒に行こうって誘われる」と本宮が小沢の可愛らしい一面を暴露。「僕は一緒に行った。1時間、ポップコーンの行列に並んでくれた」と続けて答え、意外なエピソードを披露した。

最後に山口が「暴力の中にもヒューマニズムが感じられます。なんて言ってもジョニーのクールな怖さ。いつもの温かみはなく、とても冷たさを感じる」とジョニー・デップの演技を絶賛。そして、「この映画を観たときに、暴力とセックスが微妙な刃の目で微妙な均衡を守っていると思ったし、緊張感がいい。どんな役者もそういうテンションを持っていて、観ていてやっていることはひどいんだけど、同じ役者として“気持ちいいだろうな~こいつら“と思うぐらい演技が活き活きしているところが見どころ」と語りイベントは終了した。
2016年1月22日
『ブラック・スキャンダル』
2016年1月30日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.black-scandal.jp