ニュース&レポート

水樹奈々「BLOOD-C」イベントで映画主題歌をサプライズ披露!『劇場版BLOOD-C The Last Dark』

劇場版BLOOD-C The Last Dark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『攻殻機動隊』で知られるアニメーションスタジオ“Production I.G”と、漫画家集団“CLAMP”がコラボレーションした映画『劇場版BLOOD-C The Last Dark』で、主人公・小夜を演じる水樹奈々が、イベント「BLOOD-“C”arnival」に登場。主題歌である、「METRO BAROQUE」を初披露した。
水樹奈々「BLOOD-C」イベントで映画主題歌をサプライズ披露!『劇場版BLOOD-C The Last Dark』

押井守のもと錚々たるスタッフが集結し、ジェームズ・キャメロン、クエンティン・タランティーノほか各国のトップクリエイターから絶賛の声が寄せられた『BLOOD THE LAST VAMPIRE』を皮切りに、世界を駆ける大河ドラマとして展開したテレビシリーズ『BLOOD+』、厚い要望により実現した実写版海外リメイク『LAST BLOOD』と、その最先端の技術と意欲的な内容で、常に国内外から高い評価を受けてきた「BLOOD」シリーズ。

その中でも「最大の衝撃作」といまなお熱い論議を巻き起こしている『BLOOD-C』が、満を持してスクリーンに登場。久遠の時を生きる少女“小夜”と異形なる<古きもの>との戦いを主軸に、大都市・東京の暗部でうごめく陰謀と、大切なものをすべて失った小夜の愛憎入り乱れる復讐劇を描いていく。

この日のイベント「BLOOD-“C”arnival」では、主人公・小夜を演じる水樹奈々が、テレビシリーズのメインキャストである、藤原啓治、野島健児、浅野真澄、福圓美里、阿部敦、鈴木達央、宮川美保らとともに登場。会場のメルパルクホールにはファン約1500人が駆け付けた。水樹は、自身が歌う『劇場版BLOOD-C The Last Dark』の主題歌である、「METRO BAROQUE」をサプライズで初披露。突然の新曲ライブに、会場は地鳴りのようなファンの歓声が沸き立った。

水樹は、この新曲の作詞の際に、東京決戦となる劇場版の物語をイメージし、タイトルをつけたという。BAROQUEには、ゆがんだ真珠、という意味があり、大都市にやってきた小夜を“真珠”にたとえ、作り上げた力作。「裏切られても前に進む強い意志を込めた」というとおり、ステージには新曲を力強く歌い上げる、水樹の姿があった。新曲を初披露するときは緊張するという水樹は、「みんなが盛り上げてくれて嬉しかった」と安堵した様子で、映画については、「テレビ版をみていなくても、楽しめる映画だし、テレビ版を見ている人はより深く楽しめる映画になっています。」と、充実した仕上がりである劇場版に太鼓判を押した。

このイベントでは、映画の未公開映像を含む、WEB用PV映像が初披露された。この映像はオフィシャルサイトでも同日解禁となっている。

披露された新曲「METRO BAROQUE」は、6月6日(水)にリリースされる水樹の27thニューシングル「TIME SPACE EP」(\1,300)に収録される。映画『劇場版BLOOD-C The Last Dark』は、6月2日(土)より全国公開。
2012年4月23日
『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』
2012年6月2日(土)より、新宿ピカデリー他、全国ロードショー
公式サイト:http://www.blood-c-movie.jp/