ニュース&レポート

藤原竜也、白スーツで「会いたかった」 観客にチョコレートを手渡し

僕だけがいない街

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
3月19日(土)公開の映画『僕だけがいない街』の公開直前 ホワイトデー試写会が、13日(日)、ワーナー・ブラザース映画 試写室にて行われ、主演の藤原竜也が登壇。来場者全員にホワイトデーのプレゼント【チョコレート】を手配りした。
藤原竜也、白スーツで「会いたかった」 観客にチョコレートを手渡し

ホワイトデー前日に行われた試写会で、上映前の舞台挨拶に白い衣装を身に纏った藤原が登場。いよいよ来週に公開を控えた本作について「お芝居の初日と一緒で待ち遠しい。いい緊張感と不安もありますが、早くたくさんの方にご覧いただいて意見を伺いたいと思います。作品の批判は監督へ、良かったら僕に言ってください」とコメントし場内を沸かせた。

2月25日(木)に実施された東京での完成披露試写会を始め、大阪、名古屋、福岡、広島と各地を回った藤原は、「試写会はどこも満席で、原作ファンの男性だけでなく女性の方にも多く来ていただけたのが嬉しい。初日を楽しみにしています」と各地での思い出とともに今の心境を改めて口にした。

また、ホワイトデーの思い出について聞かれると「最近は大人の対応としても、いただいたらお返ししますが、昔はいただいたことに満足して返さないこともありました。突っぱねていたところもあるかもしれません。僕の世代はお返しが“飴”って教えられていました」。さらに「小学4・5年の時に、6年生の子から大きなハートのチョコをもらって恥ずかしくて、冷蔵庫の野菜室の奥にしまっておいたら、お姉ちゃんたちが美味しいチョコだよって普通に食べていました。隠していたことも分かっていたと思うのですが、今となってはもっとスマートにすれば良かったなって思います」とほほえましいエピソードも披露した。

続いてホワイトデーのプレゼントとしてサプライズで会場の観客の質問に答えるコーナーも。「子供のころ、または今ご自身にとってのヒーローのような存在は?」との質問には、「幼少期は三浦知良さん、マラドーナ、ベッケンバウアー、ペレなどサッカー選手がヒーローで、よく映像をみていました。ヒーローとは少し違うかもしれませんが、4つ上の兄は今でも仲が良くてすごく大きな存在です」。「もし、藤原さんと有村さんが入れ替わってお互いの役を演じることになったら?」との質問に「藤原竜也にとことんダメ出しをして徹底的に直したい(笑)」。そして「劇中で誕生日会のシーンが出てきますが、藤原さんの誕生日の思い出は?」との質問には、「劇中と同じように、友達同士でお誕生日会をしていたのは覚えています。フライドチキンを食べてジュースを飲んでプレゼント交換をしていたのは印象に残っていますが、何をもらったかはよく覚えていないです」と回答した。

さらにサプライズとして特大“僕街”ホワイトチョコレートが登場。藤原がホワイトチョコレートにサインをして完成したチョコレートを、抽選で1名様にプレゼントすることとなり、見事当選した観客は感激の様子で舞台にあがり、藤原から「ちゃんと持って帰ってくれますか?」との問いに「野菜室に入れないようにします」と返し会場を沸かせた。

藤原竜也、白スーツで「会いたかった」 観客にチョコレートを手渡し

さらに特大チョコレートの他に、観客の一人一人にチョコレートを準備していた藤原。会場に集まったファンに、劇中の名セリフ「会いたかった」と言いながら一人ずつ手渡しでプレゼントし、受け取るファンは感激しきり。さらに取材陣にも手配りでチョコレートを渡し場内は大いに盛り上がった。

チョコを配り終えた藤原は「本日お越しいただいたファンの方々の力は重要だと思います。より一層力をいれて発信していければと思うので、初日を盛り上げるためにも、ご覧いただいて気に入っていただけたら周りの方々に伝えていただき応援していただければと思います。よろしくお願いします」と締めくくった。
2016年3月14日
『僕だけがいない街』
2016年3月19日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://bokumachi-movie.com