ニュース&レポート

妻夫木聡、「芝居から逃げた」過去を告白し家族愛を語る 『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶

ぼくたちの家族

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『舟を編む』『川の底からこんにちは』の石井裕也監督最新作『ぼくたちの家族』が24日(土)に初日を迎え、新宿ピカデリーにて行われた舞台挨拶に、妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以、石井裕也監督、早見和真(原作者)が登壇した。
妻夫木聡、「芝居から逃げた」過去を告白し家族愛を語る 『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶

遂に公開初日を迎えたこの日、終始感激した様子で舞台挨拶に登壇したキャスト陣。「静かだけど想いのこもった映画になった」とその出来に自信を除かせる石井監督のコメントを皮切りに、キャスト陣が口々に初日を迎えられた喜びをコメント。会場には原作者の父親も来場しており、演じた役柄の本人を目の前に、長塚は恐縮しきり。「大丈夫だったかな?」と心配しつつも「気に障るところがあったら、それは監督のせいですから!」と責任をなすりつけ、会場を盛り上げた。

そんな長塚と夫婦役を演じた原田は、「撮影中は妻夫木さん、池松さんだけでなく、石井監督も私の息子みたいで、3人の息子たちに囲まれた素敵な現場でした」と撮影時のエピソードを語ると、「僕も混ぜて、4人といってほしかった…」とすかさず長塚がコメント。妻夫木からは「独り立ちしてくださいよ!」と突っ込まれるなど、会場を笑いの渦にまきこんでいた。

また、この日は上映後の舞台挨拶だったこともあり、観客からの質疑応答に応えるティーチインも実施。撮影時の苦労話など、飛び出てくる質問に真摯に応える全員だったが、中には「家族のつながりってどこにあると思いますか?」という難しい質問も。この問いに対し「正直、分かんないですよね。それがはっきり分かればもっと簡単かなと思います」と回答した妻夫木。続けて「直接の答えにはなってないかもしれないけど…僕自身、過去に芝居から逃げたことがあって…つい父親に電話をしてしまったことがあったんです。そのとき、何も伝えられなくても父親は分かってくれました。家族っていいな、って心底思った瞬間です」と、自身の家族とのエピソードを告白。池松は「血でも時間でもないですよね。腹の底のそこにある想いでつながっていて欲しいのかな」と答え、会場も真剣に耳を傾けていた。

また、この日の舞台挨拶では、本作の海外公開が決定したことも発表された。香港、韓国、台湾などの世界13か国での公開が決定し、妻夫木は「家族は全人類のテーマ。完璧な家族なんていないし、それでいいんだということを、この映画を通して教えてもらった気がします。世界中の人に“家族“を感じてもらいたい!」と意気込みをコメントした。
2014年5月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ぼくたちの家族』
2014年5月24日(土)全国ロードショー!