ニュース&レポート

松田龍平、峯田和伸、三浦大輔監督が、女子映画評議委員会で男子の本音トーク

どっちの男に抱かれたいか決戦!プレミア試写会『ボーイズ・オン・ザ・ラン』supported by 女子映画評議委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月30日に公開される映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の女性限定試写会が、TOKYO FMホールにて行われ、上映終了後、三浦大輔監督とキャストの峯田和伸、松田龍平がトークショーに登壇した。
画像:松田龍平、峯田和伸、三浦大輔監督が、女子映画評議委員会で男子の本音トーク


ボーイズ・オン・ザ・ラン』は、ただぶざまに青春をあがき続ける主人公の姿を、激動とユーモアを持って描破し、圧倒的支持を得た花沢健吾の傑作コミックを映画化。弱小玩具メーカーで働く29歳の素人童貞・田西が、イケメン男子・青山の手ほどきを受け、憧れの同僚・ちはるとの恋を成就させようとするが、そこには衝撃の展開が待ち受けていた…というストーリー。

この日は、「女子映画評議委員会」として、“非イケメン田西”と、何事にも器用な“イケメン青山”、「どっちの男に抱かれたい!?」というアンケートを実施すべく、上映前の舞台挨拶ではなく、上映終了後にゲストが登壇し、女性客からの率直な感想と質問に答えるというスペシャルな試写会となった。

主人公である田西というキャラクターについて、演じた峯田は、「改めて見たんですけど、本当にトロくてイライラしますね。あれは大変だ…。」とため息。松田は田西について、「スマートに出来ない歯痒さって、分かる気がする。(自分も)完全にそっち側ですね。」と、田西側に共感した様子。三浦監督は、「主役だからヒーロー、みたいに言われるけど、やってることはムチャクチャ。全然ヒーローじゃない。でも、人間らしくて好感が持てますね。男って、恋愛したらあんな感じ。しょうがないですね(笑)。男には田西の部分もあるし、青山の要素もあるから。」と、男子の本音を明かした。

対するイケメン青山について、演じた松田が、「原作読んでいた時は、青山って“男の敵”と思っていたので、「なんで俺が呼ばれたんだろう?」って思った。」と首をかしげると、監督が「田西の目線から見るとイヤな奴だけど、完全なワルじゃなく、筋が通っている。両極端な面とかを龍平君がいいバランスにしてくれて、生々しい青山になったんじゃないかと思います。」と分析した。そこへ峯田が、「(青山みたいに)なりたいっスね。かっこいいです。ワイドショーとか見てると、押尾学とか…あんなスピリット持ちたいな。イヤな奴を通り越して、「かなわないっスわ!」みたいな…あんなに突き詰めちゃうと大変だろうなぁ…」と、爆弾発言し、会場からは微妙な笑いがもれた。

どちらがカッコイイか、という質問には、「善か悪かで言うと、田西は善ではない。自分の中では正しいけど、周囲を巻き込んで迷惑をかけている。青山は悪でもなく、田西より100倍起用なので、かっこよさで言ったら、青山のほうがかっこいい。でも、所々で田西にはシビれますね。3時間かけてエロビデオを取り行くところとか…。男としてそんなスピリットを持っていたい」と、峯田。松田は、「どっちもどっちだけど、田西の方が好きですね。何か、変に器用で会話はできるけど、本当のところは違うっていうのは好きじゃないし。」と語った。

本作について監督は、「これは泥臭くて汚らしい男目線の映画。だからこそ女性に見てほしい。エンターテイメントに仕上げたので、野郎だけがみる映画で終わらせたくない。共感は出来なくても、男ってこういうものだとか、何かしら思うと思います。」とアピールした。


女子映画評儀委員会『ボーイズ・オン・ザ・ラン』篇
監督&キャストと女性客による討論会
「どっちの男に抱かれたいか決戦!」結果発表はこちらから!
女子映画評議委員会


女子映画評議委員会:
TOKYO FM [CINEMA80]MUSIC ON! TV [MOVIE ON!]による「女子映画評議委員会」は、最新の映画やDVDを女性視点で鑑賞してガールズトークを繰り広げる、女子限定の特別プログラム。 シネマトリビューンでは、この女子映画評議委員会で行われたイベントをレポートしています。
2010年1月26日
『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
2010年1月30日、テアトル新宿・シネセゾン渋谷ほか全国ロードショー
公式サイト:http://botr.jp