ニュース&レポート

仲間由紀恵&松坂慶子が豪華絢爛な加賀友禅で登場!『武士の家計簿』完成披露試写会舞台挨拶

武士の家計簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
12月4日より公開される映画『武士の家計簿』の完成披露試写会が東京・有楽町の丸の内ピカデリーにて行われ、堺雅人、仲間由紀恵ら豪華キャストと森田芳光監督が舞台挨拶に登壇した。
画像:仲間由紀恵&松坂慶子が豪華絢爛な加賀友禅で登場!『武士の家計簿』完成披露試写会舞台挨拶

映画『武士の家計簿』は、磯田道史による同名著書をもとに、刀ではなく、そろばんで身を立てる御算用者(経理係)として加賀藩と家族を守ろうと、激動の時代を生き抜いた一人の武士の物語。この日は仲間由紀恵と松坂慶子が、映画の舞台となった石川県金沢(旧加賀藩)の伝統工芸・加賀友禅に身を包んで登場すると、その美しさに会場から感嘆の声が漏れていた。

主人公の御算用者・猪山直之を演じた堺雅人は、「ようやく皆さまに映画を披露でき、また、家族の皆さんと再会できて嬉しい」と笑顔で挨拶し、「原作本も当時の家計簿がこと細かに記されていて、資料としても読み物としてもとても面白く、今後何度も読み返す宝物となりそうです」と、原作の魅力を語った。映画について、「つつましさと華やかさが混在している作品で、金沢の魅力がつまっている堅苦しくない作品です」とコメント。妻を演じた仲間由紀恵も、「現代に通用する家族愛を描いた温かい時間の流れている作品ですので、ぜひ皆さん楽しんでください」と、アピールした。

直之の母・お常を演じた松坂慶子は、森田監督について、「私が「愛の水中花」を歌っていた頃に、「是非森田監督の作品に出させて下さい」とお願いしたことがあります。大分時間が経ってしまいましたが(笑)」と明かし、「今回は頼もしい息子としっかりものの嫁、そして素敵なお婿さんに囲まれて、大変伸びやかに楽しく演じさせていただきました」と、笑顔で語った。

劇中では、松坂が演じるお常の婿養子である信之を演じた中村雅俊は、仲間と松坂のあでやかな姿を改めて眺め、「美しいと言わざるを得ないですよね」と顔を緩めながら、「とても、居心地の良い婿でした(笑)。キャスト・スタッフのチームワークも良く、それが作品に反映されていると思います」と語り、西村雅彦は、「物があふれた生活も良いかもしれないけれど、映画を観て、つつましやかに生きるのも良いなと思ってもらえたら嬉しいです」と話した。
2010年11月10日
『武士の家計簿』
2010年12月4日(土) 全国ロードショー/11月27日(土)石川先行ロードショー
公式サイト:http://www.bushikake.jp/