ニュース&レポート

『キャプテン・マーベル』LAプレミアにブリー・ラーソン、サミュエル・L.ジャクソン登場

キャプテン・マーベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』が、5日(火)、アメリカのロサンゼルスにてワールドプレミア上映され、主演のブリー・ラーソンをはじめ、サミュエル・L.ジャクソン、ベン・メンデルソーンらキャストと、アンナ・ボーデン&ライアン・フレック監督らが集結した。

プレミア上映には、過去の記憶を失った謎めく女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”を演じたブリー・ラーソンをはじめ、「アベンジャーズ」シリーズでもおなじみ、若き日のニック・フューリー役サミュエル・L.ジャクソン、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や、『レディ・プレイヤー1』での名演も記憶に新しいベン・メンデルソーンら豪華キャストに加え、本作でMCU初監督を務めたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの2人が登場。

さらにスペシャルゲストとして、本作のプロデューサー兼マーベル・スタジオのCEOでもあるケヴィン・ファイギや、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)を控えるジョー・ルッソ監督。『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ、『アントマン&ワスプ』のペイトン・リードなど、歴代のマーベル作品を手掛けてきた監督たちや、アカデミー賞で3部門を受賞した『ブラックパンサー』の主演チャドウィック・ボーズマンなど、アベンジャーズシリーズのキャストも駆けつけ、マーベル最重要ヒーローの門出に花を添えた。

会場となったエル・キャピタン・シアターには、各国からのメディアに加えて、キャプテン・マーベルになりきるファンなどが詰めかけ、新たなヒーロー誕生の瞬間を今や遅しと待ち受ける。イベント開始前から熱気を帯びたファンの目の前に、キャプテン・マーベルのトレードマークである星をあしらった艶やかなドレス姿で登場したブリーは、カーペット上での写真撮影のリクエストに快く応じ、自身も本作の公開を迎える喜びをかみしめている様子で、「3年間もの間、この映画の準備をしてきたので、やっと皆さんにお届けできることがとてもうれしいです!」と満面の笑み。「キャプテン・マーベルは、とてもパワフルなキャラクターなんだけど、不完全なところも持ち合わせていて、人間味のあるとても素晴らしいキャラクターよ!」と、自身が演じるキャラクターについて語ると、「私は彼女から、自分らしくいることの大切さを学んだの。早く世界中の人々にこの作品を観てほしいわ」と、世界中にメッセージを送った。


マーベル作品でもおなじみのサミュエルは、これまでにも数多く共演を果たしてきたブリーについて「彼女はこの作品でとても素晴らしい演技を魅せてくれているよ。みんなのブリーに対する印象もこの作品で変わるはずさ」と絶賛。また、この作品でマーベル初の女性監督となったアンナも、「ブリーはとても感受性が豊かで、人間味に溢れている素晴らしい女性だから、キャプテン・マーベルの不完全で傷つきやすい部分も体現してくれたわ」と振り返り、「だからこそ、キャプテン・マーベルは誰しもが共感できる素晴らしいキャラクターになっていると思うの」と、ブリーが演じたからこその魅力があるとコメントした。
2019年3月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『キャプテン・マーベル』
2019年3月15日(金) 全国公開
公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html