ニュース&レポート

『そして父になる』ハリウッドリメイク決定!!スピルバーグ、「いいものになるよ!」と太鼓判

そして父になる

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
9月28日(土)、是枝裕和監督最新作、福山雅治主演の映画『そして父になる』が初日を迎え、福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキーらが舞台挨拶に登壇。この日、急遽、LAに渡っていた是枝監督は、現地からの国際電話で“ハリウッドリメイク決定”を報告。あわせて、是枝監督とスティーブン・スピルバーグの対談の様子も明らかになった。
『そして父になる』ハリウッドリメイク決定!!スピルバーグ、「いいものになるよ!」と太鼓判

初日舞台挨拶では、福山、尾野、真木、リリーのほかに、子役の二宮慶多、黄升炫、滝沢美結、押場大和らも登壇。子供たちも含めて全員が揃うのは1年振りとのことで、舞台挨拶は終始和やかな雰囲気に。そんななか、「事情により欠席」と伝えられていた是枝監督と国際電話が繋がり、是枝監督はここで「ドリームワークスと契約しまして、ハリウッドのリメイクが決定しました」と、キャストと観客に報告。

スクリーンには、ドリームワークスを率いるスティーブン・スピルバーグ監督と是枝監督が固い握手を交わす様子が映し出され、スピルバーグから「カンヌで初めてみたとき、パワフルな人間ドラマに非常に感銘を受けた。生涯に一本の映画に関わる機会に感謝したい」とリメイク権取得についての公式コメントが読み上げられ、会場は祝福モードに。福山も「監督!おめでとうございます!スピルバーグが気に入ってくれて嬉しく光栄に思っております!」と喜んだ。

最後に是枝監督は観客に向けて、「夫であったり、妻であったり、娘や息子であったり、親であったりといろんな立場から考えられる映画になっていると思いますので、是非楽しんでいってください!」と電話越しにメッセージ。福山も「子供たちに導かれてつくり、子供たちのお蔭で、作為的な見え方にならない映画に仕上がり、様々な国の映画祭で喜んで頂けました。慶太、升炫、美結、大和、ありがとうね。本日はどうぞ皆さん楽しんでいってください!」とキャストを代表してメッセージを送った。

また、舞台挨拶の終了後には、本作が第61回サン・セバスチャン国際映画祭にて観客賞を受賞したことも明らかに。是枝監督は「映画祭に参加するまで観客賞があることすら知りませんでしたから、正直、予想外というか想定外なんですが、良かったです。知らせを聞いて、先週の上映後に劇場の階段に残って福山さんと僕に拍手を送ってくれたあの街の方々の笑顔が甦ってきて、なんだかほっこりと嬉しいです。審査員賞と一般のお客さんが投票で選ぶ観客賞って全く逆の評価だと思いますが、作品にとってはそれが何より価値があるかな、という気持ちです」とコメントを寄せた。

さらには、ハリウッドリメイク決定に伴い、LAのドリームワークスオフィスにて行われたスピルバーグと是枝監督との対談レポートも到着。子供たちへの演出方法から好きな監督、是枝監督自身のハリウッド進出もにおわせる話題など、熱い対談の様子が明かされた。

『そして父になる』ハリウッドリメイク決定!!スピルバーグ、「いいものになるよ!」と太鼓判

(27日(現地時間)LA ドリームワークスにて)

スティーブン・スピルバーグ:あの作品は本当に素晴らしかった。非常に高いレベルでのエモーショナルな感動があり、5月に見て感動して、それから6、7、8、9と四ヶ月たっているのに、まだ同じハイレベルの感動が残っている。本当に素晴らしい。感動的で、カンヌで見てボクはボロボロ泣いていたんだけど、審査員室に入って行ったら、他の審査員もみな涙してたんだよ。リメイクさせてくれる決断をしてくれて感謝しています。
是枝監督:こちらこそ、スピルバーグさんが関わってくれること、とても嬉しいです。

スピルバーグ:あの子供たちはどうやって演出したんだい?どのくらい時間をかけた?
是枝監督:脚本を渡さずに自由に演技させるというオーディションを3ヶ月かけて行って、撮影に入ってからは、それほど時間かけずに。彼らの台詞を説明して、彼らの言葉で話してもらう、というような演出方法で・・・。
スピルバーグ:(嬉しそうに)ボクも同じだよ!『ET』の時にはそうやって子供たちを演出したんだ!最後の福山さんと2本の道を並行するシーンは素晴らしかった。あれは、ロケーションが先なの?それとも脚本に書いてあったの?
是枝監督:ロケーションを決めてから脚本を書きました。あの道には川の流れる音が聞こえてそれにとてもインスパイアされました。
スピルバーグ:ボクも自分のところにいる監督たちには、「ロケーションは写真で決めずにきちんと自分の目で見ろ」と言ってるんだよ。それにしても、みんな役者もよかったなぁ。父親は2人ともよかったけれど、特にpoor father(とボクは呼んでるんだ※リリー・フランキーのこと)はよかったなぁ。彼は評判高い役者なの?
是枝監督:いえ、役者ではなくイラストレーターです。
スピルバーグ:へぇ、そうなの???素晴らしかったよ。

スピルバーグ:日本映画で好きな監督は?
是枝監督:成瀬監督です。
スピルバーグ:なるほどね。ボクも好きだよ。
是枝監督:小津監督も好きですが、成瀬監督のほうがやっぱり好きかなぁ。

スピルバーグ:ところで英語で映画を作る気はないの?
是枝監督:興味はあるけど、言葉ができないのでハードルが高いんですよ。
スピルバーグ:ボクの友人のチャン・イーモウは、英語を全く話さないけれど、クリスチャン・ベールの目を見て判断していたよ。大丈夫だよ、できるよ。
是枝監督:勇気づけられました。がんばってみようかな・・・

是枝監督:『シンドラーのリスト』の血の色はどうやって?
スピルバーグ:あれは、紫色なんだ。白黒映画は特殊な技術が必要で、紫色がより黒く見えるんだ。たとえば昔の映画だけど『ジャンヌ・ダルク』では白い壁を表現するのに、ピンクの壁にしていたんだよ。役者はシリアスな映画なのにピンクの壁を前にして演技するのは戸惑ったと思うけど。モノクロの映画自体既にLOST ARTだけど・・・(淋しげに)。

是枝監督:『そして父になる』のリメイクは、アメリカの文化にあわせて好きに作ってください。オリジナルのことはあまり気にせずに。
スピルバーグ:アメリカと日本とカルチャーは違うけれど、この作品のテーマは世界共通のものだから、いいものになるよ!

スピルバーグ:リメイク録るときには、撮影現場に是非来てください!モニター横に座って指示を出してくれてもいいですよ
是枝監督:是非伺います!
2013年9月30日
『そして父になる』
2013年9月28日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー