ニュース&レポート

ふんどしが緩くてR指定の危機に?映画『超高速!参勤交代』完成披露会見&舞台挨拶

超高速!参勤交代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
6月21日(土)公開の映画『超高速!参勤交代』の完成披露会見と舞台挨拶が、27日(火)に行われ、佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、西村雅彦、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、柄本時生、六角精児、本木克英監督が出席した。
ふんどしが緩くてR指定の危機に?映画『超高速!参勤交代』完成披露会見&舞台挨拶

江戸東京博物館で行われた記者会見では、全国の大名が参勤交代を果たすため、江戸城へ登城する際に通ったとされる日本橋が再現され、男性陣は青色の着物、紅一点の深田は艶やかな赤色の着物で登場。本作の主人公・内藤政醇を演じた佐々木蔵之介は、「山を走り、川に流され、泥だらけになりながら駆け抜けました。今日はこんな立派な衣装でこの場に立てて光栄です」と撮影を振り返りながら挨拶。

口汚いが実は乙女な宿屋の女・お咲を演じた深田恭子は、「口汚い役ということでセリフなどに戸惑うことがありましたが、皆さんがとても優しくしてくれて、撮りきることができました」。出演陣のほとんどが男性で、紅一点という中での撮影だったことを、「現場に入るとみなさん順々に「おはよう」と声をかけてくれましたし、蔵之介さんは「今日の夜ご飯は何食べるの?」とか色々気遣っていただきました」と振り返ると、佐々木が「深田さんが現場に来るときはスタッフのノリや空気が違った」、六角も「僕たちも嬉しくなって、士気が高まりましたね(笑)」と明かした。

また、「男性陣の中で本当に江戸にいそうな方は?」と質問された深田は、「やはり蔵之介さんですね。ちょんまげで生まれたんじゃないかというくらい似あっていたと思います。後姿や佇まいも江戸時代にいそうだなと思いました」と回答。これに大喜びの佐々木は、「後姿までちゃんと見ていただいて光栄です」と返し、会場を笑わせた。

場所を丸の内ピカデリーに移して行われた完成披露試写会では、満席となった客席に向け、登壇者はそろって老若男女楽しめるエンタテインメント時代劇ということをアピール。寺脇が伊原・西村・六角のモノマネを披露し場内を沸かせると、佐々木は六角のふんどしの絞め方が緩く技術スタッフが余計なところに予算がかかってしまうと頭を悩ませていたことを暴露。六角も「このままじゃR指定になってしまう」と告げられたことを明かし会場を爆笑の渦に包んだ。

さらに、特別ゲストとして参勤を共にした猿の菊千代が登場すると、会場からは「可愛い!」との声があがり、その一挙手一投足が注目の的に。最後に見どころを問われると佐々木は「福島県の弱小藩が、江戸幕府と戦う話で、湯長谷藩士はみんなチャーミングに描かれています。それぞれが愛されるキャラクターとなり、そしてこの映画が皆様に愛されることを切に願っています」と真面目にコメントしたと思いきや「今日は特にふんどしのシーンを見逃さないでください、何かが映っているかもしれません」として、終始笑いの絶えない舞台挨拶を締めくくった。
2014年5月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『超高速!参勤交代』
2014年6月21日(土)全国ロードショー