ニュース&レポート

『CUT』撮影中は誰とも口をきけなかった…西島秀俊が常盤貴子とヴェネチアのレッドカーペットに登場

CUT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
イラン出身の監督アミール・ナデリが、西島秀俊を主演に迎えて描いた最新作『CUT』が、8月31日に開幕した第68回ヴェネチア国際映画祭のオリゾンティ・コンペティション部門オープニング作品として上映され、西島と、共演の常盤貴子がレッドカーペットに登場した。
『CUT』撮影中は誰とも口をきけなかった…西島秀俊が常盤貴子とヴェネチアのレッドカーペットに登場

自分のためにヤクザとなり、借金トラブルによって死んだ兄のため、「殴られ屋」となって借金を返そうとする映画監督の男の生きざまを描いた『CUT』。自身も熱心な映画ファンである西島が主人公の映画監督を演じ、常盤貴子、笹野高史、菅田俊ら海外でも活躍する名優たちが脇を固めている。

西島秀俊常盤貴子
9月1日(木)21:00(現地時間)、上映前のレッドカーペットに、監督のアミール・ナデリ、主演の西島秀俊、そして常盤貴子も登場。黒で身を固めた西島は『Dolls』以来、9年ぶりのヴェネチア映画祭参加だが、「今回は楽しんでいます」と余裕を見せた。シースルーのロングドレスに身を包んだ常盤貴子は、初めての三大映画祭参加で緊張しつつも、映画祭の雰囲気を楽しんでいる様子。

オープニング上映では、上映終了が23:00を過ぎるにも関わらず会場は満席。上映後のスタンディング・オベーションは約10分間鳴りやまなかったという。西島は、「『Dolls』のときは、ヴェネチアは初めてで、よく分からないうちに終わってしまったのですが、今回は落ち着いて楽しむことが出来ています。撮影期間中は「誰とも口をきくな」という指示を監督から受けて、厳しい撮影をした作品が、ヴェネチアという場で満席のお客さんに受け入れてもらえて、感無量です」と、企画から製作にも関わった道のりを振り返り目を潤ませた。

また、常盤貴子は、「ヨーロッパの映画祭は初めてですが、街中皆が映画祭を楽しんでいる感じが、すごく楽しい。何よりも、観客の皆さんが、世界中から選ばれた私たちの映画を楽しみにしてくれている姿、見終わってなお、賛辞の言葉を頂けたことが、本当に嬉しかった。私をヴェネチア映画祭に連れて来てくだったナデリ監督に感謝します」と喜び、監督に感謝の意を伝えた。

本作は、ヴェネチア国際映画祭に続き、北米最大といわれるトロント国際映画祭と釜山国際映画祭の出品も決定している。
2011年9月3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『CUT』
2011年12月17日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー!
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/cut/