ニュース&レポート

栗原類、撮影現場で女子に大モテ!?『男子高校生の日常』初日舞台挨拶

男子高校生の日常

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
10月12日(土)、シネ・リーブル池袋にて、映画『男子高校生の日常』の初日舞台挨拶が行われ、主演の菅田将暉と、野村周平、吉沢亮、栗原類、岡本杏理、山本美月、上間美緒、白鳥久美子(たんぽぽ)ら出演者と松居大悟監督が登壇した。
栗原類、撮影現場で女子に大モテ!?『男子高校生の日常』初日舞台挨拶

ガンガンONLINEで連載され、学生から社会人まで幅広い共感を得た脱力系青春コミック「男子高校生の日常」(スクウェア・エニックス刊)を実写映画化した本作。16:05から行われた舞台挨拶では、作品のグダグダ感とは裏腹に、正装した8名の“高校生”たちが登場。“高校生”のひとり、たんぽぽの白鳥久美子は「完全に浮いているのはわかっているので、大丈夫です!」と自虐的挨拶で会場を和ませた。

撮影現場では、「角田(晃広/東京03)さんは現場でもまじめにふざけてくれて、みんなを引っ張てくれました」と菅田。アドリブが多かったという本作については、「何がそんなに可笑しかったのかと思いますが、本番でリアルに笑ってしまうのは珍しいと思いました。(栗原)類さんのアドリブが最高でした」とコメント。栗原は菅田の振りに「前もってアドリブを考えてきて、現場の雰囲気を見ながら言ってました」とネガティブキャラとは思えないポジティブな役者魂を垣間見せた。また、唯一現場で女子高校生たちと交流を多く持ち、タロット占いなどをして女子たちを和ませていたなど、栗原の意外な一面も明かされた。

また、お笑い芸人の白鳥は、「アドリブというより、顔で笑われているなと感じていました」と芸人らしいコメント。白鳥は女子高校生役だったものの、岡本や山本らとの交流があまりなかったと言い、「高校の時からですが、きれいな女子に対する劣等感が半端なく、今でもひきずってます!」とリアルに回答。松居監督はじめ登壇者の平均年齢を上げているのも「私です!」と、終始自虐的キャラで笑いを誘っていた。

一方、山本、岡本、上間は「女子たちは本当に仲が良くて、初日から打ち解けて、連絡先を交換したり…」と仲の良さをアピール。撮影現場ではLINEのゲームを楽しんでいたりと、リアル高校生と変わらないフレッシュな話題を振りまいた。

舞台挨拶後半では、台湾での公開が決定というビッグニュースも飛び出し、公開前には菅田と野村が台湾に行くことも明らかにされ、一人残される吉沢がいじける場面も。

最後に菅田は「笑える瞬間って、一番幸せな時だと思います。こんな3人がいれば頑張れると思いました。ずーっとニヤニヤしながら最後まで見て、面白かったと思ってくれれば嬉しいです」。松居監督も、「こういうタイプの映画が、劇場でかかるのは事件だ!(笑)この作品には何もないかもしれない。事件が起こるわけでもなく、結果なんにもないんだけど、そのなんにもない向こう側に見ていただく皆さんひとりひとりのドラマがある作品だと思います。見る人によって感じ方の違う作品だと思っています。この作品で皆さんが豊かに、池袋が豊かになれば(笑)嬉しいです!」とアピールした。
2013年10月15日
『男子高校生の日常』
2013年10月12日(土)シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー