ニュース&レポート

戸田恵梨香、10年ぶりの再演「プレッシャーに感じて悩んだ」 菅田将暉は「うわ~ミサミサだ」と大興奮

デスノート Light up the NEW world

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
10月29日(土)公開の映画『デスノート Light up the NEW world』のジャパンプレミアが、20日(木)、TOKYO DOME CITY HALLで行われ、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、戸田恵梨香、川栄李奈、船越英一郎ら出演者と佐藤信介監督が登壇した。
戸田恵梨香、10年ぶりの再演「プレッシャーに感じて悩んだ」 菅田将暉は「うわ~ミサミサだ」と大興奮

この日イベントに集まった来場者約1500人は、入り口に置かれた“デスノート”に触れてから入場、そこへ実物大の死神・リュークも登場し、イベントがスタートした。東出は「こんなに、大勢の方に集まっていただけると思っていなかったので、驚いています」と喜びを露わに。続けて池松が「素晴らしい作品に出演できて本当に光栄です。派手なのは舞台挨拶だけではないという所を見て頂きたいです(笑)」と笑顔を見せた。菅田は「原作も前作も大好きなんですけれど、どちらも神話のような遠い話のように感じていたのですが、今回はリアリティがあるので身近な怖さがあります」と本作について語った。

前作から引き続き夜神月(藤原竜也)の元恋人でデスノート所有者・弥海砂を演じた戸田は「とても驚きましたし、10年前に演じた役をまた演じるというのは、プレッシャーに感じていました。10年前にあった何を残して、何を捨てるべきなのかを考え、とても悩みました」と撮影を振り返った。すると菅田は「海砂に会えたのはとても嬉しかったです。うわ~ミサミサだと思いました(笑)」とコメントし、これに戸田は「本当に思ってた?(笑)」と笑顔を見せつつ、久しぶりの菅田との共演に「妙な照れがありました。凄く不思議な雰囲気でした」と話した。

それぞれ自身の演じた役の魅力についての質問に池松が答えていると、菅田と戸田が「それ、答えになってないよ(笑)」とすかさずつっこみ。2人につられて菅田も質問に答えられず、池松が「今日は、まじめにやろうと思ったのに…登場からやり直していいですか?(笑)」。東出も「出てくるときは調子が良かったよね。デスノートっぽくかっこよく登場できたと思ったのに」と場内の笑いを誘った。

10年前何をしていたか?という質問に対して「崖で犯人を追い詰めていました(笑)」と笑いを誘った船越は、「この映画はいい意味で皆さんを裏切っていく映画です。私の出番そのものが皆さんを裏切ることになりますのでご注目ください」と自身の出演シーンについてコメント。 「10年前に皆さんご覧になられている方も多いかと思いますし、僕自身も前作が大好きなのです。素晴らしいキャストの方々をとにかく丁寧に撮影しました。萎縮することなく、全く新しいデスノートを打ち出したいという強い気持ちを持って映画を作りました」と自信をのぞかせる佐藤監督。

先日、夜神月を藤原竜也が再び月を演じることが明らかになり「藤原さんに月を10年ぶりに演じて貰ったのですが…本当に神を演出したなと(笑)。戸田さんにお会いした時も、やっと会えたなと武者震いしました」と撮影時を振り返り、「前情報をすべて忘れて、観て頂けたらと思います。気持ちを0にして、どんな展開なのか推理しながらハラハラして見て頂きたいです」と語った。

最後は「デスノート!」の掛け声で金色のキャノン砲が発射され、天井からは死神・リュークの大好物赤い“りんご”のバルーン1000個が舞い降りイベントは終了した。
2016年10月21日
『デスノート Light up the NEW world』
2016年10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー
公式サイト:http://www.deathnote2016.com