ニュース&レポート

橋本愛、火事のシーンで死にかけた!『さよならドビュッシー』完成報告スペシャルイベント

さよならドビュッシー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
1月26日(土)より公開される映画『さよならドビュッシー』の完成報告スペシャルイベントが17日(木)、東京・銀座のヤマハホールで行われ、主演の橋本愛と利重剛監督、劇中で俳優デビューも飾った現役人気ピアニストの清塚信也、主題歌を担当した泉沙世子、原作者の中山七里が舞台挨拶に登壇した。
橋本愛、火事のシーンで死にかけた!『さよならドビュッシー』完成報告スペシャルイベント

映画『さよならドビュッシー』は、第8回「このミステリーがすごい!」大賞(宝島社主催)で大賞を受賞した中山七里原作の同名小説を、『クロエ』(01)以来、約10年振りにメガホンを取った利重剛監督が映画化したサスペンス・ドラマ。

舞台挨拶で、撮影中のエピソードを聞かれた橋本は、「今日、急に思い出したんですけど、火事のシーンで、私死にかけたんです!」と、衝撃の告白。劇中では火事に巻き込まれ、全身大怪我を負いながらもピアノの猛レッスンに励む役柄だが、「火力が強くて監督が止める前に逃げちゃったんです(笑)。でも、それで火傷を一歩手前で免れたんですよ」と話し、観客を驚かせた。

本作で本格的な俳優デビューを飾った清塚は、「ピアノでの表現と、演技の表現は違うと思うので、それを真剣に考えながら演じました」と、その苦労を告白。利重監督は、「本当に映画化するのが難しい作品なので、逆にやる気が湧いた。原作が好きな方、音楽が好きな方に気に入っていただけるよう、努力しました」。原作者の中山は、「一人の映画ファンとして試写を拝見しました。一言で言えば、観ないという選択肢はありえない映画です」と太鼓判を押した。

主題歌を担当した泉はこの日、清塚のピアノ伴奏で「境界線」を生披露し、「 リハーサルで泣けてしまって…。音楽の力ってすごいんだなと改めて感じました」。さらに、歌詞に込めた想いを、「主人公の過酷さ、悲しさを感じながら作りました。この曲のテーマは「無償の愛」です。一人でつらいときに頼ってほしい、境界線を越えてほしい。私のほうからも越えていくよ、という思いがつまっています」と話した。

イベントでは橋本が、劇中で演奏しているドビュッシーの「月の光」の冒頭をピアノで披露。その腕前をべた褒めする清塚は、「この複雑な曲を、撮影のときだけ練習して弾けてしまうなんて、ピアニストとしては悔しい(笑)。僕の数十年は何だったのか!」と笑わせ、「ここはピアニストの威信を見せないと!」と、自らピアノを弾き始めた。その楽曲は、なんと「Happy Birthday to You」。同時にピアノの形をしたバースデーケーキも運ばれ、1月12日に17歳を迎えた橋本へ大合唱のサプライズ。これに驚いた橋本は、「ありがとうございます!誕生日は5日前だから、ケーキが出てきたとき、私のじゃないのかなと思ってしまいました(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

最後に、ゲストを代表して橋本が、「映画をぜひ楽しみにしていてください。観たら、Twitterや2ちゃんねる(笑)、ブログ、Facebookなどよくチェックしていますので、素直な感想を書き込みお願いします!」と観客に呼びかけた。
2013年1月18日
『さよならドビュッシー』
2013年1月26日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://good-bye-debussy.com