ニュース&レポート

LAのFOXスタジオに「ダイ・ハード」巨大壁画が登場!ブルース・ウィリスが除幕式で大感激

ダイ・ハード/ラスト・デイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月31日(LA時間)、20世紀フォックス撮影所の歴史的な防音スタジオのひとつの壁に『ダイ・ハード』の25周年を記念した巨大壁画が登場。この除幕式にブルース・ウィリスのほか、最新作『ダイ・ハード/ラスト・デイ』に出演するジェイ・コートニー、ユーリア・スニギル、ジョン・ムーア監督らが駆け付けた。
LAのFOXスタジオに「ダイ・ハード」巨大壁画が登場!ブルース・ウィリスが除幕式で大感激

世代・性別を超えて最も広く愛されているメガヒットアクション・シリーズ『ダイ・ハード』の、6年ぶり第5弾となる最新作『ダイ・ハード/ラスト・デイ』が、2月14日(木) より公開。撮影の遅れで未だプレミアなどが行われていない本作だが、この除幕式で初めてブルース・ウィリスは公の場に姿を表した。

LAのFOXスタジオに「ダイ・ハード」巨大壁画が登場!ブルース・ウィリスが除幕式で大感激
LA時間の1月31日、20世紀フォックス撮影所で行われた除幕式では、ブルース・ウィリスがスイッチを押すと、花火とともにステージにかけられた幕が落ち、幅45メートル、高さ12メートル以上の巨大な壁画が登場。そこには、記念すべき第1作目の排気ダクト内のジョン・マクレーン。この壁画を目の当たりにしたブルース・ウィリスは、「20世紀フォックスにこれまで見たこともないほど大きな壁画を作ってもらいました。本当に嬉しいです。このスタジオの小さなステージから仕事を初めて、どんどん大きな仕事をさせてもらいました。25年に渡って『ダイ・ハード』シリーズを楽しませてもらいました。皆さん本当にありがとうございます」と、珍しく感激を露わにし、目を潤ませた。

最新作でジョン・マクレーンの息子ジャックを演じたジェイ・コートニーも、「本当にうれしいです。この世代でもっとも有名なフランチャイズである『ダイ・ハード』シリーズに出演させていただき、これ以上の光栄なことはありません。嬉しいです」とコメント。

一般道に面したこのFOXスタジオの壁画はハリウッドでは有名なスポット。FOX作品の中でも歴史的タイトル『サウンド・オブ・ミュージック』や『スター・ウォーズ』などしか壁画にはなっておらず、『ダイ・ハード』の壁画家は非常に名誉なことで、LAの新たなスポットとなりそうだ。
2013年2月5日
『ダイ・ハード ラスト・デイ』
2013年2月14日(木) TOHOシネマズ日劇他 全国公開