ニュース&レポート

ブルース・ウィリス、ジョン・マクレーンの本拠地NYに凱旋! ファン・イベントでデートプランを提案

ダイ・ハード/ラスト・デイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ブルース・ウィリス主演のメガヒットアクション・シリーズ『ダイ・ハード』の最新作にしてクライマックス『ダイ・ハード/ラスト・デイ』が14日、日米同時公開。ジョン・マクレーン刑事のホーム・グラウンドであるNYでは、13日の午後7時(現地時間)からファン・イベントが行われ、ブルース・ウィリスとジェイ・コートニーが出席した。
ブルース・ウィリス、ジョン・マクレーンの本拠地NYに凱旋! ファン・イベントでデートプランを提案

NYの42番街にあるAMC EMPIRE45シアターで行われたイベントでは、荒天のために、表通りに面したテラスに寒さ対策として屋根代わりのシートがかけられ、そこにジョン・マクレーン=ブルース・ウィリスと、その息子ジャック=ジェイ・コートニーが登場。AMCの4階を埋め尽くす、最新作が待ちきれない600人のファンに囲まれながらマスコミやファンの質問に二人は答えていった。

ブルース・ウィリス、ジョン・マクレーンの本拠地NYに凱旋! ファン・イベントでデートプランを提案ブルース・ウィリス、ジョン・マクレーンの本拠地NYに凱旋! ファン・イベントでデートプランを提案
久々の本拠地NYに戻ったジョン・マクレーン=ブルース・ウィリスは終始にこやかでリラックス・ムードで、男性観客の野太い「ブルース、ブルース!」という呼びかけにも嬉しそうに表情を崩していた。バレンタイン公開とあってブルース・ウィリスは「男は賢くなくて、デートプランを決める才能が無い。女性のリードに任せるべきだけど、この映画はデートにもぴったりだ」と、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を絡めたバレンタイン・プランを提案した。

また、日米同日公開となる日本では、14日に643スクリーンの超拡大公開で初日を迎え、メイン館となるTOHOシネマズ 日劇では、木曜初日という変則的なスタートというハンディをものともせず、アクション映画ファンの若い男性グループ、シリーズのファンであろう中年男性、さらにバレンタインデートらしきカップルなど、バラエティに富む観客を集めた。興行収入39.1億を記録した前作『ダイ・ハード4.0』を上回る猛ダッシュで、最終的に50億円以上、今年最高の興行成績を目指す、“本年度の大本命”の名に恥じない快調なスタートを切った。

先週から先行公開していたアジアの国々でも爆発的な興収をあげ、世界各地での大ヒットも約束されている『ダイ・ハード/ラスト・デイ』。日本でもウィークエンド成績でダントツの一位となることは確実。快進撃がいよいよ始まる。
2013年2月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ダイ・ハード ラスト・デイ』
2013年2月14日(木) TOHOシネマズ日劇他 全国公開