ニュース&レポート

米倉涼子、ダイアナ元妃の吹替えに挑戦!映画『ダイアナ』日本語版アフレコ

ダイアナ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
ダイアナ元英国皇太子妃の半生を描いた映画『ダイアナ』(10/18)。本作でナオミ・ワッツ演じる主人公・ダイアナの日本語吹替版を米倉涼子が務めることが決定し、8月23日(金)にアフレコ取材が行われた。
米倉涼子、ダイアナ元妃の吹替えに挑戦!映画『ダイアナ』日本語版アフレコ

映画『ダイアナ』は、ロイヤルベビー誕生のニュースにわきたつ英国で、ダイアナ元妃を描く初めての映画であり、プリンセスであるがゆえに孤独と絶望の淵に沈み、恋をし、挫折の中から人間的に成長していくダイアナの姿を描く感動作。

米倉がアフレコをお披露目したのは、アンゴラの地雷除去作業の最前線に立ち、地雷廃絶を訴えるシーンと、息子ウィリアム王子からの提案でニューヨークで自らのドレスをチャリティオークションにかけて寄付金を募り、エイズ患者救済を訴えるシーン。米倉の気品ある力強い意思のある声が、まさにダイアナにピッタリである。

吹替えに挑戦したことについて米倉は、「七転八倒です。会話が多く、主張する方なので、気持ちが伝わるように心掛けました。自分の体で表現できず、自分の声が思ったのと違うので、苦しいですね」とその難しさを語った。

20歳のロイヤルウェディングで、ふたりの王子を得て、幸せの絶頂を迎えるはずが、夫の不倫、王室との確執、マスコミとの攻防に傷つき疲れ果て、離婚を決意したダイアナ。波乱万丈の人生をおくりながら、彼女の美しくも力強いその姿に全世界が熱狂した。米倉は、本作を鑑賞後、「心で生きている」姿が似ていると関係者に言われたことを明かす。「何をし出かすか分からない、直感で行動していることは、ダイアナの中で言葉にならないけど理屈が通っている。そこは理解できます」と、ダイアナの考え方が自身と共通しているという。

また、ダイアナが孤独と絶望を抱えたなかで出逢った、人命救助に全てを捧げる心臓外科医のハスナット・カーンについては、「ハスナットはタイプではないですね(笑)。素敵な人なんだと思います。彼女が一目ぼれして、それでも求めていたんですから」と、ダイアナとは男性のタイプが違うことを笑顔で応えた。
2013年8月23日
『ダイアナ』
2013年10月18日(金)より、TOHOシネマズ有楽座ほかにて全国ロードショー
公式サイト:http://diana.gaga.ne.jp