ニュース&レポート

レオナルド・ディカプリオ、緊急来日!初の本格的悪役は「開放感を感じる」

ジャンゴ 繋がれざる者

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
3月1日(金)より公開されたクエンティン・タランティーノ監督最新作『ジャンゴ 繋がれざる者』。本作で初めて悪役を演じ、その極悪ぷりが注目を集めるレオナルド・ディカプリオが、2日(土)に緊急来日。都内で記者会見と舞台挨拶に出席し、新作をアピールした。
レオナルド・ディカプリオ、緊急来日!初の本格的悪役は「開放感を感じる」

クエンティン・タランティーノ監督初の西部劇となった『ジャンゴ 繋がれざる者』。本年度のアカデミー賞では、脚本賞(クエンティン・タランティーノ)、助演男優賞(クリストフ・ヴァルツ)の2部門に輝いた本作は、アメリカでは昨年12月25日に公開、タランティーノの前作『イングロリアス・バスターズ』の記録を超えるタランティーノ史上最大のヒットとなった。

記者会見に登場したレオナルド・ディカプリオは、映画について「この作品は南北戦争直前の、アメリカ人が触れたくない時代を描いている。カルビン・キャンディは南部の腐敗の象徴のようなキャラクターで、社会的な影響も含めて、色んな側面を描いているんだ」と説明し、「タランティーノはまるで脚本から飛び出してくるようなキャラクターを書いている。ハリウッドでこの脚本が回ったとき、とにかくみんなショックを受けた。こんなの読んだことない!ってね。ぜひともその一部になりたいと思ったし、これはアメリカが過去に振り返って鏡を覗くような大事なプロジェクトだと思ったんだ」と、本作へ参加した経緯を語った。

本作で初の本格的悪役に挑戦したことを、「キャンディは今まで演じたどのキャラクターより忌むべき人物。だからこそやりたいと思った。ここまで大胆不敵な人物だと人の気持ちを考えなくても良いし、自己陶酔してその時の勘で自由に演じられるから、ある意味開放感を感じるんだ」と語り、悪人を満喫した様子。キャンディを演じるにあたり参考にした歴代の悪役として、『トゥルー・ロマンス』でゲイリー・オールドマンが演じたドレッドヘアの白人麻薬密売人、『トゥームストーン』でバル・キルマーが演じたドク・ホリデイをあげ、「今まで観てきたいろんな悪役を凝縮したのがキャンディかもしれない」。さらに、「好きな悪役は『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンスかな。彼はある意味ヒーローだね」と明かしてくれた。

劇中でキャンディが「骨相学」について語るシーンでは、実際に怪我を負いながら撮影したようで、「他のキャラクター達を威嚇するためにテーブルをバンバンたたいていたんだ。するとシェリーグラスの上に手が当たって柄の部分が手に刺さってしまった。まず「痛い」、そして次に「このシーンを使ってもらえたら最高だなぁ」。そのまま演技を続けたから、テーブルも血に染まり、ジェイミー(・フォックス)の顔は「ええー」となっているし、タランティーノもレンズから目を離してチラチラと見ていたよ。後で数針縫ったけど、実際に使われたんだ」と驚きのエピソードも披露し、「ある意味俳優としてはハッピーだった。血だらけの手でブルームヒルダの顔を触るという画が撮れたし、後には包帯を巻くということもリアルに出来たしね」と役者魂をみせつけた。

また、本年度のアカデミー賞で主演男優賞を獲得したダニエル・デイ=ルイスは、レオのひと押しで『リンカーン』への出演を決めたというエピソードも明かされ、「ある夢を見たんだ。「あそこにリンカーンがいると思って近づくと…ダニエルだった。見るととても役に入りきっているから声をかけないほうがいいな、と思い、そのまま僕は去った」という内容だった。この夢を彼に話したことがきっかけになっているみたいだ。でも誰かが演じるのならば彼しかいないと思うし、彼はそのために生まれてきたといってもいいと思う」。そしてハリウッドでの俳優同士の関係について、「僕は芸能界で育ってきたので相談できる友達はたくさんいる。トビー・マグワイアもその一人。それに、夢とかちょっとした昼寝をきっかけに行動することも多いんだ。『ウォール街の狼』もスコセッシと映画を撮っている夢をみて、それを彼に話したところ本当に演じることになった」と話した。

会見を終えたレオは、丸の内ピカデリー1(東京・有楽町)で舞台挨拶に登壇。満員(580席)となった会場で待つファンの前に立ち、「日本が本当に大好きで、いつも戻ってくるのをとっても楽しみにしています」と挨拶。長期休業説が報じられたことについて、「ちょっとしたことを言っただけなのに、印刷されると時に違う意味にとられてしまう。2年間で3本の映画(『華麗なるギャッツビー』『ジャンゴ 繋がれざる者』『ウォール街の狼』)に出演し、どれもすごくエキサイティングなプロジェクトだったけれど、とっても疲れたんだ。ちょっと休憩したいなと記者に伝えたところ、引退するという話になってしまった。大好きな俳優業をやめるつもりは全くないよ」とファンを安堵させ、「みなさん今日は楽しんでください。きっと喜んでいただけると思います」とメッセージを贈った。
2013年3月4日
『ジャンゴ 繋がれざる者』
2013年3月1日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/djangounchained/