ニュース&レポート

映画『ドライブ・アングリー3D』公開記念 SDN48が“助手席に乗せたいメンバーNo.1”を巡り過激なアピール合戦

ドライブ・アングリー3D

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ニコラス・ケイジ主演の3Dアクション『ドライブ・アングリー3D』の公開を記念して、AKB48の姉妹グループ SDN48が、“助手席に乗せたいメンバーNo.1”決定戦を実施。 “偽カップ暴露”や“なでしこユニフォームの早着替え”、さらには“セクシー誘惑ポーズ”や“ドライブ漫談”など、過激なアピール合戦を繰り広げた。
映画『ドライブ・アングリー3D』公開記念 SDN48が“助手席に乗せたいメンバーNo.1”を巡り過激なアピール合戦

8月6日(土)より公開される『ドライブ・アングリー3D』は、ニコラス・ケイジが初の本格的3Dアクションに挑戦したエンターテイメント作品。愛する家族を奪われ、カルト教団への復讐を誓った男が、謎の追跡者の攻撃をかわしながら怒涛のカーアクションを繰り広げる。

映画について、SDN48メンバーはそれぞれ「とにかく、カーアクションがすごいです!私もパイパーのように、いきなり連れ去られて、過激なドライブデートがしてみたいです!!この夏、是非この映画を観て、アクティブになって下さい。あんな車を乗り回したい!!!」(芹那)。「ニコラス・ケイジが渋くて、すごくかっこよかったです!フェロモン出しまくりですよ!!あんなお父さんに守ってもらいたいですね」(佐藤由加理)。「映画に出てくるような、ドライブがしてみたいと思いました。デートにぴったりな作品だと思います」(小原春香)。「観れば観るほど、はまりますね。ニコラス・ケイジ演じる、ジョン・ミルトンのミステリアスな雰囲気が魅力的です」(KONAN)。

アピールタイムでは、限られた時間の中、芹那が新曲の「MIN・MIN・MIN」を歌ったり、KONANがなでしこジャパンのユニフォームから早着替えを披露するなど、SDN48の魅力の一つであるセクシーさをアピールするメンバーが多いなか、津田麻莉菜がドライブ中の漫談を披露するという、一風変わった自己アピールも飛び出した。さらにはタイムオーバーしてしまうメンバーや、KONANがヌーブラを2枚重ねた“偽カップ”なことも暴露されるなど、会場はセクシーで個性溢れるアピールで大盛り上がりとなった。

映画『ドライブ・アングリー3D』公開記念 SDN48が“助手席に乗せたいメンバーNo.1”を巡り過激なアピール合戦
そして、本作の上映劇場であるTOHOシネマズ日劇の支配人が審査員となり、“助手席に乗せたいメンバーNo.1”を発表。ドライブ中に歌を歌って応援してくれるという芹奈が、TOPの座を獲得した。No.1に選ばれた芹奈は、「30秒の自己アピールで、私たちの魅力が沢山伝わったと思います。直前まで、どんなアピールをすればいいのか迷っていましたが、新曲が発売されるので、コレしかない!と思って歌いました。 楽しくドライブしたいと思って頑張ったのが、勝因かな」と喜びを語った。
2011年7月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ドライブ・アングリー3D』
2011年8月6日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.da3d.jp/